プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】立川志らくさんの好きな俳句に「いいね!」しよう

銀座

プレバト!!の『俳句才能査定ランキング』に登場するや、あれよあれよという間に特待生になった立川志らくさん。

最近では、東大生鈴木光さんを天敵として苦汁をなめる機会も多かったですが、モジリアーニやジョンレノンへ発想力を飛ばしは、毎回はっとさせてくれる句を詠まれるところ志らくさんの句には知性が溢れていると感じます。

あなたは、どんな志らくさんの俳句が好きですか?

このサイトでは、誰でもお気に入りの志らくさんの俳句に「いいね!」をできるようにしました。

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

立川志らくさんの最近の俳句を鑑賞しましょう!

このサイトのコンセプト

プレバトファンとして

「楽しんでいますよー」という意思表示をしたい

「がんばってー」という応援の気持ちを表したい

という気持ちで運営しています

「いいね!」のクリック数をカウントして()内に表示しています。

同じIPアドレスからの連続クリックはできません。

立川志らくさんの最近の俳句一覧

2019年8月の俳句

夏空と電車
20190815
お題「夏空と電車」

八月が降りる江ノ電の海水浴
はちがつがおりる えのでんのかいすいよく

いいね!(1)

いつもの志らくさんの句とはうってかわって、「シンプルに詠んだ」という志らくさん。

八月という季語を擬人化する大技で、八月が江ノ電を降りて海水浴というところを想像して、思わず想像してクスっと笑ってしまいました。

大胆な擬人化は審査員の先生の評価を二分していましたが、私はこの句が好きです。

2019年7月の俳句

花火大会
20190718 炎帝戦予選4位
お題「打ち上げ花火」

花火果て 襟裳の朱華き 灯火かな
はなびはて えりものあかき とうかかな

添削後:
襟裳岬の 灯火の朱華し 花火果つ

いいね!(1)

花火の後の暗闇に灯台の明かりが浮かんだ様子を表現した志らくさん。

朱華(あか)という言葉は初めて知りました。

惜しくも予選4位で決勝進出を逃してしまいましたが、決勝の句もみたかったです。

20190711
お題「夏の日光」

豪雨の登山 これより先は 神の庭
ごううのとざん これよりさきは かみのにわ

添削なし

いいね!(1)

実際には登山したことがないという志らくさんが詠んだ句。。

映像を観るまでは、命の危険にさらされて、もうこの先に進んではいけないという啓示を受けたのかと想像しました。

映像を観て雨のあがった後の、雲間から指す俗にいう「天国の階段」と呼ばれる光を詠んだ句だとわかりました。

銀座
20190704
お題「梅雨明けの銀座」

梅雨明けや モジリアーニの 歩く街
つゆあけや もじりあーにの あるくまち

添削なし

いいね!(1)

銀座という言葉をつかわずに銀座を表現しようとしたという志らくさん。

都会の街を歩く人々の様子をモジリアーニの特徴ある絵の人物と見立てています。

夏井先生が都会の人々に感じる雰囲気と言っていたのは「アンニュイ」な感じのことなのでしょう。

和服の志らくさんから詠まれる句は知性的でとても素敵です。

2019年6月の俳句

20190606
お題「梅雨の物干しハンガー」

洗濯機の中に住みつく梅雨空
せんたくきの なかにすみつく つゆぞら

添削後:
洗濯機の 中に梅雨空 住みつくか

いいね!(1)

洗濯機の中に梅雨空が住みつくという発想で破調句を詠んだ志らくさん。

破調とサプライズの句は先生の添削で語順を変えられました。

梅雨時の洗濯の大変さが少し和らぎ、楽しく選択できそうな気がしてきます。

2019年5月の俳句

20190509
お題「5月の鎌倉」

傘の色紫陽花寺に吸い込まれ
かさのいろ あじさいでらに すいこまれ

添削後:
傘とりどり紫陽花寺に吸い込まれ

いいね!(1)

紫陽花の時期の鎌倉の紫陽花寺は、人、人、人。

たくさんの傘がお寺に吸い込まれていく様子を詠んだ句です。

傘の色も、紫陽花も色のイメージが強く重なってしまうので「色」はつかわずに色を表現するという夏井先生の指摘。

また、俳句を縦書きで鑑賞することを考えると「色紫陽花寺」がつながるということも考慮が必要だそうです。

俳句の奥の深さを実感した句でした。

2019年4月の俳句

20190418 他流試合
お題「自動ドア」

自動ドア開けて子を追うシャボン玉
じどうどあ あけてこをおう しゃぼんだま

いいね!(1)

高校生との他流試合で、審査員の先生の満点を獲得した志らくさんの句です。

自動ドアが開いて誰が子どもを追いかけるのかと思えばそれは「シャボン玉」という

サプライズが楽しい句です。

20190411
お題「春のクリーニング店」

桜隠しキリストめける干したシャツ
さくらかくし きりすとめける ほしたしゃつ

添削後:
桜隠しの物干 キリストめけるシャツ

いいね!(1)

桜が咲いているのに降って積もった雪を表す「桜隠し」という季語。

日本の美意識「桜」「雪」と西洋の象徴キリストを句に詠みこむ志らくさんに、夏井先生が辛口ながら絶賛されていた句です。

20190404 春光戦予選4位
お題「春の鮮魚店」

ジョンレノンを聴く魚屋目借時
じょんれのんを きくさかなや めかりどき

添削後:
ジョンレノン 聴く魚屋の 目借時

いいね!(1)

ジョンレノンを魚屋さんが聴いているという光景が、いかにものんびりした雰囲気を醸し出す句です。

助詞の使い方で惜しくも決勝進出を逃してしまった句。

志らくさんの決勝進出を心待ちにしています。

立川志らくさんの俳句のまとめ

お気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトを志らくさんが観てくださると嬉しいな!と思います。

2019年4月までの句を掲載しましたが、この句も載せてというご希望があれば、どうぞコメントでお寄せください。

できる限り掲載していきたいと思います。

よろしくお願いします。

プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

フォローしていただけると嬉しいです。最新情報をお届けします。
ABOUT ME
葉っぱのしおり
はじめまして。葉っぱと申します。 SE/出産退職/専業主婦/非正規職員/IT企業勤務とたどってきたアラフィフ会社員です。 休日と寝る前には愛犬(わんこ)を撫でながら本を読み、そのまま寝落ちするのが最高の幸せでしたが、一念発起! 2019年5月からブログを開始しました。 今までの人生では読む・観る・聴くばかりでアウトプットを意識してこなかったので、 これからは自分の経験したことを表現して(ブログに書いて)いこうと思っています。 ブログでは、本と自然と生き方、旅行情報、愛犬、葉っぱ愛などを書いてます! その中に、誰かの役に立つことが一つでもあれば幸せです。 夫のうつ病と子育てを通して、人生感が変わりました。 すべての人に『ありがとう』と『微笑み』を届ける活動中! twitter @HappaShiori 企画参加中です→ よろしくお願いします。#仲間と作る本

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。