プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】梅沢富美男さんの好きな俳句に「いいね!」しよう

池の錦鯉

プレバト!!の『俳句才能査定ランキング』で、Mr.プレバト、御大(おんたい)とも呼ばれる梅沢富美男さん。

梅沢さんの俳句は格調高い、正道の俳句が多い印象です。

その梅沢さんらしさを出した俳句で、ついに永世名人の称号を手に入れました。

梅沢さんの2019年4月からのプレバト俳句を、鑑賞して応援しましょう!

プレバトファンの応援を届けよう

誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(509)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

梅沢富美男さんの最近の俳句一覧

2020年6月の俳句

20200604
お題「紙袋」

桐の花 いつかは来ない 紙袋
きりのはな いつかはこない かみぶくろ

いいね!(8)

今回は初心に戻って詠んだと梅沢さん。

「意外な展開の味わい」と評価されました。

「桐の花」と「いつかは来ない」で高尚なことをいうのか、と思いきや「紙袋」という俗なものがでてくる。
作者が狙ってきている句だと評価!

紙袋は「いつか使う」と思ってみんな置いているが、中七で「いつか」とかぎかっこをつけると意味がわかりやすくなるが、謎の分量は減る。

この句は夏井先生も絶賛。永世名人になって初の俳句本への
「掲載決定」!
夏井先生が認める傑作が誕生しました。

2020年5月の俳句

20200528
お題「100円玉」

おひねりや 子役の見得に 夏芝居
おひねりや こやくのみえに なつしばい

添削後:
おひねりの 飴よ硬貨よ 夏芝居
いいね!(6)

「夏芝居」が季語。こども歌舞伎をよくやる。見得をきると客席の人たちがおひねりをもってくる。
夏井先生の査定は厳しく「ボツ!」
もったいないのは、中七。おひねりが飛ぶタイミングはわかっているのだから「見得に」と書くのは野暮。
子役と書かないで想像させるのが永世名人だと添削されました。

20200521
お題「デリバリー」

半夏生 宅配ピザの Mサイズ 
はんげしょう たくはいぴざの えむさいず

添削後:
〇〇〇〇〇 ピザMサイズ 持て余す
(〇〇は季語をご自由に、とのこと)

いいね!(2)

「半夏生」という季語を自慢げに、モニター出演メンバーに説明した梅沢さん。

ですが、季語の説明が雑だと夏井先生にダメだしされてしまいました。

夏井先生は、中七下五に芸がない。ピザがMなのに余っちゃうというところが重要なのだと添削しました。(季語はご自由にという添削です)

20200514
お題「めがね」

道中を終えて眼鏡の禿かな
どうちゅうを おえてめがねの かむろかな

添削後:
道中終え 禿の役の子の眼鏡

いいね!(2)

梅沢さんの永世名人昇格をお祝いする記念スペシャルで詠まれた句。

「道中」は花魁道中のことで春の季語。禿(かむろ)とは花魁の見習いの幼い子供。

花魁道中をやってきて、それが終わった禿役の子どもがお疲れ様と言って眼鏡をかけたのが可愛いという句。

女形をやっている梅沢さんらしい句です。

残念ながら「ボツ!」の査定で、初のプレバトシュレッダーが登場しました。

20200507
お題「春のお花屋さん」

春の花屋さん

花束の 出来る工程 春深し
はなたばの できるこうてい はるふかし

添削なし

いいね!(25)

花束をつくるのが上手な花屋さん。花束ができる工程を見ているときに、春なんだなぁと思った気持ちを詠んだという句。

梅沢さんは、落ちてもいいから本来の梅沢富美男の俳句を詠もうと心を入れ替えましたと、おっしゃいます。

梅沢さんはこの句で、ついに永世名人に!

夏井先生の評価は、
季語を信じている。永世名人は「季語を信じる力」を持った人に差し上げたい称号!
だと、絶賛でした。

非常に難しいことに挑戦してくださったという夏井先生。
どんな花束なのかが書いてない、「工程」はある程度の時間を意味している。

上五、中七には具体的なことは何も書かない。そうなれば、下五は具体的な映像を持った季語を置いて安全策を取るのが普通。
ところが「春深し」は春の時候の季語。

こうすることで、読み手の脳の中には、水や花ばさみの切っ先やセロファンや、花束ができあがっていく光景が思いうかべられ、読み手にそれを手渡せる句だと評価されました。

梅沢さん、おめでとうございます。

2020年4月の俳句

20200416
お題「ランチの看板」

A定食
まかないの 独活あえ清し 春の暮
まかないの うどあえすがし はるのくれ

添削後:
まかないの独活あえ 春の暮 清し

いいね!(12)

10年前に和食のお店をやっていた。まかないのご飯を食べるときに、ウドがおいしかったのを思い出したという梅沢さんの句。

「独活あえ」と「春の暮」はあえての、季重なりだそう。

「まかない」という言葉の1単語で人物・店・料理が伝わる経済効率がいい。また、「独活あえ」と「春の暮」はお互いを殺さない季語を選んでいる。と、夏井先生。

名人は求められるレベルが高いですね。

20200409 春光戦決勝10位
お題「不動産屋さん」

風呂なしの 四畳一間の 三葉芹
ふろなしの よじょうひとまの みつばせり

添削後:
三葉芹挿して 風呂なし 四畳半

いいね!(32)

私の人生を詠んだ!と梅沢さん。
15歳で東京にでてきて17歳で初めて自分の部屋を持った。自炊していて三つ葉はコップにいれておく増える。
いつかは自分もこのようにたくさんの大輪の花を咲かせたい、(そのとおりになったけど!)と詠んだ句でした。

夏井先生は、「三葉芹がコップにさすところが書かれていない。清く貧しい生活、美しい心を書かないと!」と指摘しました。

2020年2月の俳句

20200220
お題「天気予報」

花粉来て 獺の祭りのごと ちり紙
かふんきて おそのまつりのごと ちりし

添削例:
花粉万来 獺の祭りのごと ちり紙

いいね!(100)

この句には玄人の工夫が2つもある、と夏井先生。
「獺の祭り」の季語の意味は、獺(かわうそ)がとった魚を並べる習性が、まるでお供えしてご先祖を祭っているようだということから生まれた季語。

「花粉来て」は近い将来季語になってくるのではないかという言葉。

古いマニアックな季語を比喩に使い、次の時代季語になるかもしれない言葉を新旧活かし、さらに雅な季語を使った後で「ちり紙」で俗に落とす技も素晴らしいと、夏井先生、大絶賛でした。

20200213 名人特待生査定SP
お題「観覧車」

長閑なり かの日の屋上遊園地
のどかなり かのひの おくじょうゆうえんち

添削なし

いいね!(14)

昔はデパートの屋上に遊園地があった。自分の子どもを連れて行ったときに、観覧車に乗せたなぁという思い出を詠んだ句。

「長閑」が春の季語。映像がない季語と「かの日」も映像がない語。しかし「屋上遊園地」だけでかの日の年代や光景がすべてわかる句でした。

20200206
お題「美容室」

白髪の薄色に染め春たちぬ
はくはつの うすいろにそめ はるたちぬ

添削後:
白髪をうすむらさきに春立ちぬ

いいね!(6)

永世名人目前の梅沢さん。

「染め」はいらなかったと夏井先生。中七をひらがなにしてとてもゆったりと時間が流れる句になりました。

2020年1月の俳句

20200130
お題「銀座での買い物」

春近し 鳩居堂二階 句帳買ふ
はるちかし きゅうきょどうにかい くちょうかう

添削なし

いいね!(22)

中七をあえての中八にしたタブーにチャンレンジしたという梅沢さん。

春を待つ冬の季語で、新しい句帳を買う喜びを表現した梅沢さんのこの句。

夏井先生の評価は、「星1つ前進!」 ついに☆4つです!

梅沢さんおめでとうございます!

永世名人目前です。

20200103
お題「1月の浅草の着物」

爪皮の 紅のさくさく 霜柱
つまかわの べにのさくさく しもばしら

添削なし

いいね!(24)

「さくさく」で「さくさく」というオノマトペで音、動作、感触の3つの情報を伝えていると夏井先生が絶賛!

五七五は調べが安定していて落ち着いていて一番いい、と夏井先生。

梅沢さんはこの句で、☆1つ前進で、星3つに!

きりたんぽ鍋
20200103 冬麗戦決勝4位
お題「お鍋」

湯豆腐にすの立ちはじむ四方の春
ゆどうふのすのたちはじむ よものはる

添削後:
湯豆腐にすの立ち 四方の春の酒

いいね!(54)

季語を2ついれるタブーにチャレンジをしたという梅沢さん。そのチャレンジは夏井先生にも大きく評価されました。

「すの立ちはじむ」を終止形でなく、添削のようにしていたら一位だったという句でした。

2019年12月の俳句

駅弁
20191226 冬麗戦予選3位
お題「年末年始の駅弁売り場」

初旅やほのかに匂ふポリ茶瓶
はつたびや ほのかににほう ぽりちゃびん

添削なし

いいね!(15)

ポリ茶瓶を知っている世代は、少ないのではないでしょうか。アラフィフの私が子どもの頃に見たことがあるくらいです。

この句は基本の型を使った安定感がある句。夏井先生は、「ちゃんと確保しにきたんだな、おっちゃん」と一言。

決勝戦に確実に駒を進めるために梅沢さんが安定感のある句で手堅く固めてきたことを見抜きました。

2019年11月の俳句

満員電車
20191121
お題「満員電車」
乗り換えの マフラーの波 寡黙なり
のりかえの まふらーのなみ かもくなり

添削なし

いいね!(16)

夏井先生に3つの工夫があると絶賛された句。久々の一つ前進査定となり、首位独走状態をキープしています。

「寡黙なり」という断定することで逆に乗り換え駅の音の満ちた喧騒が伝わってくるとの評価でした。

2019年10月の俳句

20191024
お題「秋の物産展」
茎漬けに添へて売り子の土地訛り
くきづけに そえてうりこの とちなまり

添削後:
茎漬けの美味し売り子の土地訛り
茎漬けの塩っぱし売り子の土地訛り

いいね!(13)

茎漬けを打っている売り子さんの訛りに懐かしさを感じている句。

夏井先生は、茎漬けから具体的に描くのは良い、懐かしく思っているのだろうなぁというのがわかるので、「添へて」と書く必要はないという評価でした。

歩行者信号
20191010 金秋戦決勝8位
お題「歩行者信号」

徒歩(かち)で行く 免許返納 秋の風
かちでいく めんきょへんのう あきのかぜ

添削後:
秋風を歩きて免許返納す

いいね!(16)

芸能人として大人気の梅沢さんの実のお兄さんがもし自分が事故でもおこしたら梅沢さんに傷がつくと免許を変更してくれた時のことを詠んだ句とのことです。

2019年8月の俳句

夕陽の空港
20190822
お題「夏の終わり・夕方の空港」

秋夕焼機内に遺影の席ひとつ
あきゆやけ きないにいえいの せきひとつ

いいね!(46)

あえての中八で、第三者がみたはっとする機内の光景を描いている句です。

2019年7月の俳句

池の錦鯉
20190725 炎帝戦2位
お題「夏の波紋」

鯉やはらか喜雨に水輪の十重二十重
こいやわらか きうにみずわの とえはたえ

いいね!(91)

鯉が身をくねらせってゆったりと泳ぐ様子を、「やはらか」と表現する梅沢さん。

「喜雨」という季語や「十重二十重」と格調高い言葉をさらっと使われる梅沢さんに感嘆します。

2019年5月の俳句

20190523
お題「5月の昼休み」

薄暑なり日常を行く喪服の吾
はくしょなり にちじょうをいく もふくのあ

添削後:
喪服の吾行く日常といふ薄暑

いいね!(11)

明るい5月の昼休みの風景から、そこから明らかに浮いた存在となっている喪服の自分に発想をとばす梅沢さんに、夏井先生も感心していました。

20190516 一つ前進
お題「学校の蛇口」

緑青のカラン石けんネット揺れて夏
ろくしょうのからん せっけんねっと ゆれてなつ

いいね!(40)

緑青の錆がういた蛇口のアップ映像から石けんネット、最後は夏という体言止め。夏井先生が手放しで大絶賛の句でした。

2019年4月の俳句

20190425
お題「ゴールデンウィーク」

手放せぬティッシュの甘く養花天
てばなせぬ てぃっしゅのあまく ようかてん

添削後:
保湿ティッシュ甘くあまやか養花天

いいね!(11)

保湿ティッシュは舐めると甘いというところから養花天という季語に発想を飛ばした一句。

20190418
お題「自動ドア」

退院の雲なき空やつばくらめ
たいいんの くもなきそらや つばくらめ

いいね!(13)

高校生との他流試合で詠んだ一句。退院した日の感慨が、自動ドアの向こうの空の青さや燕ののびのびと飛ぶ様子から浮かんできそうです。

20190411
お題「春のクリーニング店」

店先の香箱座り暮れの春
みせさきの こうばこすわり くれのはる

いいね!(12)

ほのぼのとした春の夕の、店先の猫の香箱座りが目に浮かぶ一句です。下関に行ったときに見た光景から詠んだ句だそうです。

coffee
20190404 春光戦4位
お題「コーヒー」

鷹鳩と化すカフェオレの白き髭
たかはととかす かふぇおれのしろきひげ

いいね!(22)

「鷹鳩と化す」こんな季語があるのですね。「どう猛な鷹がおとなしく優しくなるほどの春」という意味の季語だそうです。

一見怖そうな人もカフェオレの泡の白いひげが付いたら、ユーモラスに見えてきますね。

2019年4月以前の俳句から

名人の句を集めた記事に掲載した句をこちらに掲載します。

20190228
お題「ひな祭り(紙雛)」

紙雛のにぎやか 島の駐在所
かみびなのにぎやか しまのちゅうざいしょ

いいね!(18)

2019年2月月間MVH受賞句です。
のどかな島の駐在所で、駐在さんを訪れる島の子どもやお年寄りたちが紙雛を持ってきてくれる、机の上ににぎやかに紙雛が並んでいる光景が詠まれています。

島の人たちに愛されている駐在さんが映像として浮かぶこの句は夏井先生から称賛をされました。

20190221
お題「春のベランダ」
プレバト歴代優秀句30作 

水やりはシジミ蝶起こさぬように
みずやりは しじみちょう おこさぬように

いいね!(7)

プレバト俳句歴代ベスト50句に選ばれた作品です。

蝶を驚かさないように、そおっと水をやるという梅沢さんの優しさが出ている句です。

20190124
お題「冬の自動販売機」

牢名主のごと 自販機のおでん缶
ろうなぬしのごと じはんきのおでんかん

いいね!(27)

広島の新幹線ホームで自販機に「おでん」を売っていたのを見て印象に残ったそう。おでん缶が自販機にデーンと中央に並んでいる姿が、まるで牢名主のようだったという句です。

夏井先生は直喩の「落差」を絶賛しました。

20180809 炎帝戦優勝
お題「ラジカセ」

プレバト歴代秀逸句15作

旱星ラジオは余震しらせおり
ひでりぼし らじおはよしん しらせおり

いいね!(8)

梅沢さんが初のタイトル戦優勝を飾った句が、プレバト歴代秀逸句にも入りました。
旱星という言葉が印象に残る俳句ですね。

梅沢富美男さんの俳句のまとめ

お気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトを梅沢さんが観てくださると嬉しいな!と思います。

2019年4月までの句を掲載しましたが、この句も載せてというご希望があれば、どうぞコメントでお寄せください。

できる限り掲載していきたいと思います。

よろしくお願いします。

プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。