プレバト俳句

プレバト俳句5月7日梅沢永世名人誕生!!季語を信じて称号を手に!

春の花屋さん

5月7日のプレバト俳句は、記念すべき日になりました!

4回目の永世名人への挑戦でついに梅沢さんが初の永世名人に!

ファンとしてはその瞬間を見逃せないだけでなく、永世名人になった後は梅沢さんがどうなっちゃうの!?というところが気にかかりますね!

今日もファンのみなさんのお気に入りの俳句に「いいね!」がカウントされ、()内に数字が表示されるようにしています。

こういうボタンです。このボタンは練習用!
いいね!(436)

今週のイチオシ!俳句

それはもちろん!梅沢さんの句です。

名人10段 梅沢富美男さん

花束の 出来る工程 春深し
はなたばの できるこうてい はるふかし

いいね!(22)

永世名人誕生の句です!詳しくは記事の後半で!

お待たせしました。ではでは、芸能人の皆さんの俳句を鑑賞していきましょう。

今週のゲスト

まずは今週のゲストのご紹介です。

肩書き お名前
ひとことポイント
の順にご紹介します。

俳優 筧利夫さん
4回目の挑戦。前回は、夏井先生から才能アリにいく可能性がある人との評価でしたが、さて今回は?
17文字にどれだけのイメージをぶち込むか!

麒麟 川島明さん
凡人連続5回、そのあとの前回は、目の付け所、発想が面白いと夏井先生から褒められまくったのに才能ナシを取ってしまった川島さん。
今回は挽回なるでしょうか。

落語家 春風亭昇吉さん
落語会きってのインテリで東京大学経済学部卒業している昇吉さん。句会にも通っているというその実力は?

アイドル ファーストサマーウイカさん
二度目の登場のファーストサマーウイカさんは、サマー姉さんの公式妹分の座を目指すといいます。

堀田茜さん
3回目の挑戦。立教大学文学部の出身の堀田さん。ストレートに考えて詠んでみたという今回の句は!?

今週の名人・特待生

次は今週の名人・特待生のご紹介です。

段・級 お名前
ひとことポイント
の順にご紹介します。

名人初段 立川志らくさん
おうちで俳句では「虎の雨」という珍しい季語で挑戦しましたが、今回は2段に昇格できるでしょうか。

名人10段 梅沢富美男さん
4回目の永世名人への挑戦。
前回のおうちで俳句ではさすがの実力発揮で「とても頑張ってる~!」との評価でしたが今回こそは!?

今週のお題

今週の夏井先生からのお題は「春の花屋さん」

春の花屋さん

春の花が咲き誇るお花屋さんの写真をそのまま詠むのか、発想を飛ばすのか、期待が膨らみます。

今週のゲストさんたちの俳句を鑑賞

今週も、MCの浜田さんが放送で発表した順番にご紹介します!

麒麟 川島明さんの俳句を鑑賞!

第3位 川島明さん

リース抜けサンプルの肉に乗るミモザ
りーすぬけ さんぷるのにくに のるみもざ

添削後:
サンプルの肉に リースのミモザ落つ

いいね!(1)

査定は、25点! 残念ながら才能ナシになってしまいました。でも3位!

ミモザは初春の花。風に吹かれてリースから向けたミモザが、横の定食屋さんのサンプルの肉に乗っているという句、だそうです。
夏井先生は、この句から、サンプルのミモザがおちてサンプルの肉に乗っているのかな?と作者の意図を読みとっていました。さすがです!

動詞の使い方が間違っているという夏井先生。添削で才能アリの句に生まれ変わります。

堀田茜さんの俳句を鑑賞!

第4位 堀田茜さん

バラエティ ひな壇のよう 花盛り
ばらえてぃ ひなだんのよう はなざかり

添削後:
ひな壇のごとくに 花の盛りかな

いいね!(1)

査定結果は17点。

堀田さんは、兼題写真が、バラエティ番組で観ているひな壇のように見えた。それぞれのタレントさんが花盛りの時期に華やかに話しているところを詠んだ句と説明します。

これに対し「ひな壇」は季語だ、と梅沢さん。

夏井先生はまさかの「来なくていい!」と一刀両断。

「花」は俳句では桜のこと。ひな壇のように、桜の花が盛りですよ、バラエティ豊かですよ、と読んだと夏井先生。
添削のようにすることで、少なくとも「桜の花が絢爛に咲いておりますよ」、という句にはなると夏井先生。

ファーストサマーウイカさんの俳句を鑑賞!

第2位 ファーストサマーウイカさん

蜜蜂や 朝一番のお客さま
みつばちや あさいちばんの おきゃくさま

添削なし

いいね!(1)

お花屋さんが開店して準備しているときに、蜜蜂が朝一番のお客様であるかのように飛んできたという句。

査定結果は、55点凡人。
「みつばちと一緒に朝一番のお客様がやって来た」、とも読めると梅沢さん。

「や」は上の言葉を強調し場面を切り替える働きがあると夏井先生。

添削なしですが、小学生が作る句に近いということで「凡人」という夏井先生の評価でした。

筧利夫さんの俳句を鑑賞!

第5位 筧利夫さん

巡り合い 春生む絆 おしめしべ
めぐりあい はるうむきずな おしめしべ

添削後:
春を生む おしべとめしべ かふっふん

いいね!(1)

査定は、15点才能ナシ。春にウキウキしている花や人間の男女、だという筧さん。

これに対し、内容が空疎な句、だと夏井先生の評価。
「巡り合い」「春生む」も具体的ではない、下五は「おしめしべ」ということば。

おしべとめしべで字数が余るので「おしめしべ」としたのか。
あるいは谷川俊太郎さんの「はいくないきもの」という絵本に載っている「おしめしべ まだのんなりぬ かふっふん」という句に敬意を表したのか、きっとそうだろうとしての15点だそうです。

添削も、この谷川さんの絵本の言葉を借りて直されていました。

春風亭昇吉さんの俳句を鑑賞!

第1位 春風亭昇吉さん

風信子 数にあまれる 失意あり
ひやしんす かずにあまれる しついあり

添削なし

いいね!(6)

ヒヤシンスの花の数、これくらいでは許してもらえないだろうという、後悔とか懺悔。大人の世界を象徴するという句。

査定の結果は72点で才能アリ!

「ムカつきますね、落語家として粋に詠むのではなく、頭で詠んでいる、東大王のほうがいい」、と志らくさん。

対して「とてもよくできている」と夏井先生。

「数にあまれる」とはある基準の数を超えてさらにあるという意味。ヒヤシンスの花の数を超えるほどの失意を抱えております、という句になるのだそうです。

「風進子」と「失意」という2つの意味の異なるものを中七がつないでいる、と夏井先生はとても高評価でした。

今週の名人・特待生さんの俳句に「いいね!」

さて、いよいよ今週の名人の俳句を堪能していきましょう。

立川志らくさんの俳句を鑑賞!

名人初段 立川志らくさん

春バラの赤や バンクシーの風船
はるばらのあかや ばんくしーのふうせん

添削後:
バンクシーの風船 春バラの赤よ

いいね!(1)

バンクシーの有名な作品、「風船と少女」から発想した一句。
春のバラ園に行ったとき、バラのアーチが浮いたように見えた。赤が鮮明で衝撃を受けたときにバンクシーの真っ赤な風船と重なるところがあった、という志らくさん。

評価のポイントは二つの季語、「春バラ」と「風船」のバランスの是非、です。

夏井先生の査定の結果は、現状維持。
「メリハリが足りない」、という夏井先生の評価。ものすごくもったいないことをした、と夏井先生。

発想は面白い。2つの季語を活かそうとした意志が見える。
風船は絵なので、虚構の季語。春バラは実の季語。二つをつなぐものとして「赤」を使っている。
語順を体験どおりに詠んでいるが、逆にするべきだった、という夏井先生。

句の最後に「赤よ」と軽く止めると実の季語が活きて、評価が上がったのだそうです。志らくさん、残念!

最近の立川志らくさんの俳句一覧

2019年4月以降の、志らくさんの俳句をこちらにまとめています。

志らくワールドを堪能できる句がたくさんあります。

梅沢富美男さんの俳句を鑑賞!

名人10段 梅沢富美男さん

花束の 出来る工程 春深し
はなたばの できるこうてい はるふかし

添削なし

いいね!(22)

梅沢さんは、落ちてもいいから本来の梅沢富美男の俳句を詠もうと心を入れ替えましたと、おっしゃいます。

花束をつくるのが上手な花屋さん。花束ができる工程を見ているときに、春なんだなぁと思った気持ちを詠んだ。

春深しが主役になりえているかどうか、が評価のポイント。

6年半で93句を詠んできた梅沢さん。
1つでも添削があれば後退となる厳しい査定を乗り越え、苦節6年半。

結果は!『1つ前進』星5つに!
永世名人!ついに誕生です!

「季語を信じている」という夏井先生の評価。

非常に難しいことに挑戦してくださったという夏井先生。
どんな花束なのかが書いてない、「工程」はある程度の時間を意味している。
上五、中七には具体的なことは何も書かない。そうなれば、下五は具体的な映像を持った季語を置いて安全策を取るのが普通。
ところが「春深し」は春の時候の季語。

こうすることで、読み手の脳の中には、水や花ばさみの切っ先やセロファンや、花束ができあがっていく、読む人の思い浮かべるものを手渡している。

季語を本当に信じないと、こうする勇気はない。

永世名人は「季語を信じる力」を持った人に差し上げたい称号!

季語を信じる梅沢さんがついに永世名人になりました。

おめでとうございます。

最近の梅沢富美男さんの俳句一覧

2019年以降の、梅沢さんの俳句をこちらにまとめています。

梅沢さんファンの方は、ぜひこちらもどうぞ!

今週のまとめ

ついに永世名人誕生の瞬間がみられました!

梅沢さんは、プレバトの番組の初めから、6年4か月、96句を詠んできたそう。

喜ぶ梅沢さんも見ていて感動ですが、夏井先生が、涙ぐんでいるのが印象的でした。

「永世名人だから卒業?」といじる浜田さんに、梅沢さんは「立ち上げから一緒にやっているのに、卒業!?」

卒業なんてファンが許しませんよ。梅沢さん。

次回から梅沢さんには新たな試練があるのだそうです!
どんな展開になるのかなぁ!とても楽しみ。

応援に参加してくださったみなさん、最後まで読んでいただいた皆さんも

ありがとうございました。

どうぞまた、一緒に鑑賞しましょう。

ではでは。また。

名人・特待生の段位はついに永世名人が誕生してこのようになりました!

名人段位表2020年5月7日現在名人段位表2020年5月7日現在
特待生段位表2020年5月7日現在特待生段位表2020年5月7日現在

最新の段位表はこちらの記事に掲載しています。
【プレバト俳句の段位表】名人・特待生の最新段位の情報はこちら!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。