プレバト俳句

【プレバト俳句2019】金秋戦決勝結果!シード権の変更で名人は?

プレバトタイトル(公式HPより)

2019年の金秋戦決勝戦は、プレバトタイトル戦の新たなステージに入りました。

上位5位までに入らないと「名人でもシード権はなくなり次回は予選から」という厳しいタイトル戦の新ルールが始まりました。

また、1位には賞金30万円が贈呈されるという新ルールも!

プレバト俳句のタイトル戦がますます面白くなってきました。

フルポン村上さんの3連覇がかかっている2019年の金秋戦、結果は!

決勝戦でもお気に入りの句に「いいね!」できます。出演者さんを応援しましょう。

プレバトファンの応援を届けよう

あなたはどの俳句が好きですか?

このサイトでは、誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(46)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

同じ俳句への同じIPアドレスからの連続クリックはカウントしません。
誰かがクリックした後ならまたクリックできます。

2019年金秋戦決勝の出場者はこちらの皆さん

まずは予選を勝ち抜いた特待生の3名です。

特待生2級 松岡充さん
3回連続昇格&初の決勝進出で勢いのある松岡さん。

特待生1級 千原ジュニアさん
決勝常連になっているジュニアさん。

特待生1級 NON STYLE石田明さん
久々の決勝進出で期待がかかる石田さん。

次は名人の6名です。

名人2段 中田喜子さん
名人の紅一点、中田さん。今回は上位入賞なるでしょうか。

名人4段 キスマイ横尾渉さん
横尾さんは名人になって1年4か月、無冠の名人返上なるか。

名人10段 東国原英夫さん
タイトル戦で4度も優勝している東国原さん。
「STOP THE ポンチ」を掲げて気合十分です。

名人10段 村上健志さん
春・夏連覇して「タイトル戦王者」の額を4枚埋めたいという村上さん。

名人10段 FUJIWARA藤本さん
2017年の夏以来優勝から遠ざかっているが春から復調の兆しがあるフジモンさん。

名人10段 梅沢富美男さん
今回も、番組を背負っていると、また豪華なお召し物で威厳を強調する梅沢さん。

金秋戦決勝のお題

タイトル戦の決勝戦のお題は情報量の少ない難しいお題が出ます。
今回は、「歩行者信号」どんな句が生まれるでしょうか。
歩行者信号

放送での発表順に順位と俳句の発表です

浜田さんの名MCで、いつもながら盛り上がる発表なので、決勝も放送と同じ順に掲載していきます。

まず初めに発表されたのは、こちら。

いきなりの大波乱で決勝戦が幕開けです。

2019金秋戦決勝 第7位は?

6位以下はシード権がありませんが、まさかのまさかのフルポン村上さんが7位でした!

ファンもショックでしたが、村上さんは倒れてしまうのではと思うほどショックのようでした。

7位 フルーツポンチ村上健志さん

廃校の名の信号機 秋の蝶
はいこうのなの しんごうき あきのちょう

添削後:
廃校名残る信号 秋の蝶

いいね!(10)

もう無くなった学校の地名が残る信号機の地名の看板に、寂しさと同時にそこに名前だけでも残っている嬉しさがあるという句です。

「秋の蝶」が寂しさも増すが、蝶の持っている希望もあるというところから詠まれました。

夏井先生はやろうとしたことは悪くないが、意味を受け取るのに時間がかかる、との評価でした。

一読して意味が脳に構築されるかは、技術的な問題だそうです。

「予選からはやめてください」と村上さん。

予選からの出演は大変でしょうが、ファンは村上さんの句が予選でも決勝でも見られると思うと楽しみは2倍です。

応援しています!

2019金秋戦決勝 第3位は?

次はシード権のある3位の発表です。

アイドルらしい明るい句で、手堅くキスマイ横尾さんが第3位。

3位 キスマイ横尾渉さん

天泣のプラチナ通り檸檬の香
てんきゅうの ぷらちなどおり れもんのか

添削後:
天気雨のプラチナ通り檸檬の香

いいね!(8)

「天泣」とはお天気雨のこと。お天気雨のイチョウの黄色いプラチナ通りでカフェから檸檬の香がしてきて、休憩しようという句。

プラチナと檸檬の色合いもきれい。お天気雨のキラキラ。檸檬の香りと、明るいキラキラ感が「泣」の1文字で削がれてしまいもったいないと夏井先生。

「天気雨」でよいと浜田さん。あなたもよく勉強なさってますね、と先生。

言葉のイメージを大切にすることがポイントだそうです。

2019金秋戦決勝 第4位は?

次もシード権のある4位の発表です。

喜怒哀楽をストレートに見せてくれる女優の中田さんが4位に。シード権内で大喜びの中田さんは小躍りしながら4位の席に着きました。

4位 中田喜子さん

横断の人波 秋光を放つ
おうだんのひとなみ しゅうこうをはなつ

添削なし

いいね!(4)

天皇陛下の即位の礼をイメージして詠んだ句とのこと。

人波が秋光を放つと詩のエッセンスを振りかけている、力がないとつくれない句で、褒めて良いと夏井先生のコメントでした。

ここでいきなり、9位の発表です。

2019金秋戦決勝 第9位は?

予選の1位通過から決勝は9位と、決勝のレベルは段違いだったと感じる結果になった松岡さんでした。

9位 松岡充さん

交差点 律の調べか 通りゃんせ
こうさてん りちのしらべか とうりゃんせ

添削後:
通りゃんせ 律の調べの交差点

いいね!(4)

交差点を人の人生に例えて、人生の曲がり角を進むのか曲がるのかと詠んだ句と松岡さん。

夏井先生は、マニアックな季語をもってくるのはだれかと思ったとのこと。

「律(りち)の調べ」とは短調の調べを表す秋の時候の季語。

「か」によって通りゃんせの説明になってしまっている。短調の調べのような秋の交差点ですね、となっていたら順位はずっと上がっていたとの夏井先生のコメントに、「やれる俺」と松岡さんは覇気を取り戻していました。

2019金秋戦決勝 第2位は?

2年間優勝から遠ざかっているフジモンさんが2位!夏は3位、今回は2位と復調の兆しです。

2位 FUJIWARA藤本敏史さん

信号待つ騎馬警官の背のさやか
しんごうまつ きばけいかんの せのさやか

添削なし

いいね!(8)

ニューヨークロケにいったとき、馬に乗った警官がいて、そのかっこいい背中に秋の風が吹いていたという句だそうです。

夏井先生は、とっても気持ちよく作れている句。「信号待つ」で状況がわかり、「騎馬警官」で人物、高い視線と映像がよくわかる。
最後に背中に焦点があつまり季語の「さやか」という映像を持たない時候の季語で最後全体を包んでいく句と絶賛しました。

この句もフジモンさんファンの記憶に残る1句になりそうです。

2019金秋戦決勝 第6位は?

ぎりぎりシード権外でがっくりしてしまった石田さん。特待生にとってシード権はきっと喉から手が出るほど欲しいものなのですね。

6位 NON STYLE石田明さん

我だけを停める信号秋あかつき
われだけをとめるしんごう あきあかつき

添削後:
我のみを停める信号 秋の暁(あけ)

いいね!(7)

早朝、自分だけのために動いている信号、贅沢だなと感じ、朝焼けがきれいで停まっているのか信号に停められているのかと感じたという句。

夏井先生は、取り上げる素材が良くセンスの部分を誉めたいと高評価。

下五を字余りにせず、秋の暁(あけ)とするとシュッと順位が上に行くとのコメントでした。

残るは3人。1位、5位、8位の中に、名人の優勝常連の梅沢さんと東国原さんとジュニアさんが入ってきます。

番組的には、8位に名人が来たほうが盛り上がりますが、ご本人たちはドキドキです。

2019金秋戦決勝 第5位は?

シード権をゲットし喜ぶジュニアさん。いくら決勝常連とは言え、予選から勝ち上がるのは大変ですよね。

5位 千原ジュニアさん

台風やぐぅわんぐわぅんと信号機
たいふうや ぐぅわんぐぅわんと しんごうき

添削なし

いいね!(6)

今年の台風被害の足跡としてこのような句が生まれる、オノマトペだけを信じて1句作った句と夏井先生が解説。

オノマトペは、リアリティーとオリジナリティーが両方ないと成立しないと夏井先生。

この句は、音と一緒に動き、映像も詠み手に見せてくれると絶賛しました。

いよいよ、優勝と8位の発表です。

2019金秋戦決勝 第1位は?

東国原英夫さん!5度目の優勝でした。

1位 東国原英夫さん

信号の点滅は 稲妻への合図
しんごうのてんめつは いなずまへのあいず

添削例(作者の意図でどちらを選んでも良い):
信号は点滅 稲妻への合図

いいね!(9)

東国原さんはポンチ君(村上さんのこと)は小さい型を確立した。逆をいかないと勝てないと思い、この句を作ったとコメント。

夏井先生は、信号の点滅と稲妻は全く関係ないが、そこを関係づけることで詩が発生する。

こういう感覚の作品が出てくるようになった、プレバトのレベルがここまで来たか、と感動していました。

これからも技術と独自性を追求していきましょうとのことです。

2019金秋戦決勝 第8位は?

梅沢富美男さんがまさかまさかまさかの8位でした。次から予選から出場!?となります。

8位 梅沢富美男さん

徒歩(かち)で行く 免許返納 秋の風
かちでいく めんきょへんのう あきのかぜ

添削後:
秋風を歩きて免許返納す

いいね!(4)

まさかの8位、シード権はく奪に夏井先生を「ばばあ」呼ばわりしてしまう梅沢さん。

この句の意味を解説してくれましたが感動的なものでした。

芸能人として大人気の梅沢さんの実のお兄さんがもし自分が事故でもおこしたら梅沢さんに傷がつくと免許を変更してくれたとのこと。

免許変更後に少し歩いたお兄さんが清々しかったという実話の句だそうです。

夏井先生は、社会事情を表していて「免許返納」を使った句が急に増えている、類想感があるので予選免除には届かないとコメントされました。

梅沢さんが予選から出場というのは視聴率がUPすると思いますが、皆さんどう思いますか?

2019金秋戦決勝のまとめ

新ルールで、優勝者の東国原英夫さんには賞金が、また1位から5位には次回のタイトル戦のシード権が与えられました。

逆に、名人でいままでシードで決勝に出場していた中から、梅沢富美男さんとフルポン村上さんがシード権はく奪により、予選から出場する波乱の結果に。

冬麗戦、どうなるのでしょうか。

2019年金秋戦決勝結果

1位 東国原英夫さん
2位 FUJIWARA藤本敏史さん
3位 Kis-My-Ft2横尾渉さん
4位 中田喜子さん
5位 千原ジュニアさん
 以上次回決勝シード権有り

6位 NON STYLE石田さん
7位 フルーツポンチ村上健志さん
8位 梅沢富美男さん
9位 松岡充さん

ますますファンにとっては予選から楽しみなタイトル戦になりそうです。

2句を詠む村上さん、梅沢さん。

ファンは応援しています。頑張ってください。

優勝された東国原さん、おめでとうございました!

次回もまたお楽しみに!

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービス
31日間無料トライアルでは140,000作品以上(2019/10現在)が見放題
最新作も楽しめるポイントが600円分プレゼント
※登録日を含む31日間以内に解約すれば月額利用料は発生しません。


フォローしていただけると嬉しいです。最新情報をお届けします。
ABOUT ME
葉っぱのしおり
はじめまして。葉っぱと申します。 SE/出産退職/専業主婦/非正規職員/IT企業勤務とたどってきたアラフィフ会社員です。 休日と寝る前には愛犬(わんこ)を撫でながら本を読み、そのまま寝落ちするのが最高の幸せでしたが、一念発起! 2019年5月からブログを開始しました。 今までの人生では読む・観る・聴くばかりでアウトプットを意識してこなかったので、 これからは自分の経験したことを表現して(ブログに書いて)いこうと思っています。 ブログでは、本と自然と生き方、旅行情報、愛犬、葉っぱ愛などを書いてます! その中に、誰かの役に立つことが一つでもあれば幸せです。 夫のうつ病と子育てを通して、人生感が変わりました。 すべての人に『ありがとう』と『微笑み』を届ける活動中! twitter @HappaShiori 企画参加中です→ よろしくお願いします。#仲間と作る本

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。