ヨガ・フィットネス

ヨガの種類と特徴をわかりやすい言葉で!初心者のための用語集

ヨガ用語集

ヨガを始めたばかりで、ヨガの種類の多さと名前の複雑さに圧倒されてしまった私。

ヨガのレッスンの名前をみても、
 ハタヨガ?
 ヴィンサヤヨガ?
 アシュタンガヨガ?
 陰ヨガ?
いったいどんな種類のヨガなの? 初心者でも大丈夫? とそのヨガのスタイルや内容がわからなくて困りました。

そこで、ヨガの種類の名前と、それぞれどんな特徴のあるヨガなのか、調べてまとめてみました。

ヨガ関連の用語集にもリンクを張っておきました。

ヨガの種類と特徴を知って、自分にぴったりのヨガをみつけたいですね。

※随時学んだヨガの種類やヨガ関連用語を追記しています。
※年代別、シチュエーション別などこれから追記予定です。

Contents

ヨガの種類と特徴は?ジャンルごとに見る

ヨガのジャンルごとにまとめました。

古典的なヨガ

まずは古典的なヨガのスタイルからです。

カルマヨガとは? Karma Yoga

カルマヨガとは、「行動」「行為」を意味するサンスクリット語が由来。「行動」のヨガとも呼ばれ日常生活を修行の場ととらえ、無私の奉仕精神を養うヨガ。ヒンドゥー教の聖典「バガヴァッド・ギーター」で説明されている。

バクティヨガとは?

バクティヨガとは、「愛」と「献身」のヨガとも呼ばれ、すべての存在への愛と受容を育み、「神を崇拝する」ヨガ。ヒンドゥー教やバラモン教の聖典「バガヴァッド・ギーター」「ウパニシャッド」で説明されている。

ジニャーナヨガとは? Jnana Yoga

ジニャーナヨガとは、「知識のヨガ」とも呼ばれる哲学的なヨガ。真理についての知識を学び、瞑想により叡智と呼ばれるレベルまで精神面を鍛えることに焦点を当てている。「バガヴァッド・ギーター」ではカルマヨガ、バクティヨガと並び、世俗的な懸念から解放につながる3つの方法のひとつとされる。

ラージャヨガとは? Raja Yoga

ラージャヨガとは、サンスクリット語で「王」を意味するラージャ、すなわち王のヨガの意味で、心のコントロール力を高め瞑想を行い精神の集中力を高めるヨガ。アシュターンガヨガ(八支ヨガ)ともいう。

ハタヨガ(古典的な)とは?

古典的なハタヨガとは、ムドラー(印相)プラーナーヤーマ(調気法、呼吸法)、浄化法を重視したヨガ。

シヴァナンダヨガとは? Sivananda Yoga

シヴァナンダヨガとは、スワミシヴァナンダの教えに基づいたヨガの一種で、ハタヨガの流れを汲む、呼吸法や12の基本ポーズ(アーサナ)・瞑想・チャンティングを行う伝統的なヨガ。

ヴィンヤサシステム

連続した動き(シークエンス)のスタイルのヨガ。呼吸と動作を調和させ決まったポーズの順番で視線や呼吸が決まっている。

アシュタンガヨガとは?

アシュタンガヨガとは、ハタヨガから派生した、決まった種類のポーズの順番、視点、呼吸でを繰り返すインドのマイソール発祥のヨガ。呼吸に合わせて短時間でポーズをダイナミックに切り替えて動くため、比較的激しい運動になる。

ハタフローとは? Hatha Flow

ハタフローとは、ポーズからポーズへと流れるように動き、呼吸の流れを重視し呼吸と体を合わせて動かすヨガ。柔軟性、エネルギーの流れ、心身のバランスを良くしていく。

ヴィンヤサヨガとは? Vinyasa

ヴィンヤサヨガとは、身体の動きと、呼吸のリズムを一致させ流れるように動いていくヨガ。集中力を高めて、深いリラックス効果が得られ、強い筋肉と精神の安定の両方が身につけられる。全身のシェイプアップ、内臓の活性化、血流アップによって、自然治癒力を高める効果も期待できる。

太陽礼拝とは? Sun salutation

太陽礼拝とは、最も有名なヴィンヤサのシークエンスのひとつ。12種類のヨガポーズのセットで、12種類のヨガのマントラ(神聖な言葉)を唱えながら行うことができる。身体の使い方と呼吸のタイミングを合わせて決まった流れを繰り返し、集中力を高め、代謝を上げることができる。

ジヴァムクティヨガとは? Jivamukti Yoga

ジヴァムクティヨガとは、「自己の解放」を意味する、非暴力・献身・瞑想・音楽・インド哲学の5つの要素を盛り込んだアメリカNY発祥のヨガ。呼吸に合わせて動き続けるヴィンサヤスタイルのヨガで、後屈と逆転を行うのが特徴。

OMヨガとは? OM Yoga

OM(オーム)ヨガとは、仏教の教えを元に構築された、ニューヨークブロードウェイ発祥の、ヨガブームの火付け役になったヨガ。ヴィンヤサ、アライメントマインドフルネスの3つの要素が織り交ぜられている。

テンセグリティー・ヨガとは?

テンセグリティー・ヨガとは、テンセグリティー(= 引っ張る力(tension)+統合(integrity))理論をヒントに、ヨガ講師ACOが考案・創始したスタイルのヨガ。

パワーヨガとは?

パワーヨガとは、呼吸に集中し身体と心の強化を目指す、アシュタンガヨガを元にした基本的に立ちポーズで行われるヨガ。フィットネスニーズに応え運動量とカロリー消費が大きいのが特徴。

アライメント(姿勢)ベース

さまざまな道具を使い、アライメントを重視した練習を行うヨガです。

アイアンガーヨガとは? Iyengar

アイアンガーヨガとは、BKSアイアンガー師が考案したスタイルのヨガ。アーサナのアライメントを重視している。

リストラティブヨガとは? Restorative Yoga

リストラティブヨガは、リラックス、落ち着き、癒しの効果で知られるヨガ。アイアンガーヨガにルーツを持ち、病気やケガから回復する人にとって理想的なスタイルのヨガ。

現代ハタ

現代のスタイルのヨガ。

現代のハタ・ヨガとは?

現代もっともポピュラーなハタ・ヨガは、19世紀後半から20世紀前半に発達した西洋の身体文化由来でインド独自の体系で確立した新しいヨガ。ポーズ「アーサナ」と「呼吸法」を中心としたヨガ。ハは「太陽(吸う息)」、タは「月(吐く息)」 の相対する2つをコントロールし、ポーズと呼吸法を通して集中力を高め、調和を目指すヨガ。

陰ヨガとは? Yin Yoga

陰ヨガとは、1つのポーズをじっくりと時間をかけて行うヨガ。時間をかけることで筋肉を緩め、筋膜や骨や関節をつないでいる結合組織に対して働きかけることができる。

陰陽ヨガとは? Yin&Yang Yoga

陰陽ヨガとは、呼吸と共に体を動かす「陽」のヨガで体を解放したあと、1つのポーズをじっくり行う「陰」のヨガを行い、心と身体の両方を解放するヨガ。

月ヨガとは?

月ヨガとは、深い呼吸を繰り返し、股関節や骨盤回りの筋肉を緩め温めるヨガ。月のリズムと女性のカラダは深くかかわりがある。

ディープリラクゼーションとは? Deep Relaxation

ディープリラクゼーションとは、ゆっくりしたハタヨガを通し、心身の疲れを癒しリラックスするためのヨガ。

マインドフルネスヨガとは? Mindfulness Yoga

マインドフルネスヨガとは、心を「今ここ」に置き、気づきを培う、動きや瞑想のヨガ。

アクロヨガとは?

アクロヨガは、伝統的なハタヨガとヴィンサヤフローヨガ、アクロバットを組み合わせたヨガ。1990年代後半に始まり急速に普及した。ヒーリングアートの要素も含まれる。2人以上で行う。

その他のヨガ

タイ式ヨガ ルーシーダットンとは? Rusie Dutton

タイ式ヨガ ルーシーダットンとは、仙人の自己整体と呼ばれ、お釈迦様の主治医のシヴァカ医師が系統だてたといわれているヨガ。シンプルなポーズでキープ時間は短め。独自の呼吸法で自律神経を整える効果が期待できる。

クリヤー・ヨガとは?

クリヤー・ヨガとは、毎日、読経や祈り、ポーズ(アーサナ)を定期的に行い浄化に勤める、行事のヨガ、心身浄化のヨガ。

クンダリーニ・ヨガとは?

クンダリーニ・ヨガとは、チャクラと呼ばれる体の中の生命エネルギーセンターを開き、特殊能力を開花させることを中心に行うヨガ。

マントラ・ヨガとは?

マントラヨガとは、心の中や声にだして唱える言葉「マントラ」中心のヨガ。精神統一や集中力を高めて、身体を調和させるヨガ。

ヒプノヨガとは?

ヒプノヨガとは、「催眠」を利用して洗剤意識に働きかけるセラピー、ヒプノセラピーの要素を取り入れ、イメージ法をヨガの瞑想法と結び付けリラックスした状態でポーズを行うヨガ。

ヒプノヨガとは?

ヨガの瞑想法とヒプノセラピーのイメージ法を用いて、深い癒しとくつろぎを感じるリラクゼーションのヨガ。
深くリラックスした状態でヨガのポーズを行い、身体が柔らかくほぐれ心身のバランスが整います。ほとんどが寝ポーズなので初心者の方も安心です。

 

ヨガ関連用語集

 

アーサナ:Asana

サンスクリット語では「座る」を意味する語だが、現在ではヨガの姿勢を表すために使用される。各ポーズの名前の後につけて、○○アーサナという。
例)シャバ(屍)アーサナ(ポーズ)⇒シャバーサナ(屍のポーズ)

バガヴァッド・ギーター:Bhagavad Gita

ヒンドゥー教の叙事詩「マハーバーラタ」の一部を成すサンスクリット語で書かれた聖典のひとつ。
戦士アルジュナと彼の導き手クリシュナ卿との対話で語られる物語。クリシュナは、ジュニャーナ、バクティ、カルマ、ラージャなどのヨガについて説明している。

ウパニシャッド:Upanishads

サンスクリット語で書かれた口承の時代から受け継がれる200以上もの書物の総称。バラモン教とヒンドゥー教の聖典ヴェーダの一部を成す。ウパニシャッドはサンスクリット語で「足元に座る」を意味し、教師やグルから謙虚に導きを受ける姿勢を示す言葉。

ムドラー(印相):Mudra

ムドラー(印相)とは、ヨガや瞑想の時の手でかたちを作ること。これにより体内のエネルギーの流れに影響を与えることができる。

プラーナーヤーマ:Pranayama

呼吸を意図的に制御するヨガの呼吸法。呼吸をコントロールすることで気を整える調気法。

アライメント:alignment

姿勢。身体が機能的に働き、安全な状態に骨や筋肉、皮膚を置きながらアーサナに取り組むことを指す。

マインドフルネス:mindfulness

「今現在、ここで起こっていること」に注意を向ける心理的な過程。瞑想などの訓練を通じて発達させられる。評価をせずただ観る、気づくこと。

T.クリシュナマチャリア師:Sri Tirumalai Krishnamacharya(1888-1989)

20世紀の前半に、ヨガの教えをチベットからインドに持ち帰り、インド南部のマイソール王室のヨガ指導者としてヨガを広め現代ヨガの父とも言われる。インド哲学の学派やサンスクリット語、アーユルヴェーダなどの最高資格を持ち、パタビジョイス師やアイアンガー師の師でもあるためマスター オブ マスターとして知られる。

シュリ・K・パタビジョイス師:Sri K. Pattabhi Jois(1915-2009)

アシュタンガ・ヴィンヤサヨガの創始者。「ヨーガスートラ」をもとに、呼吸、目線、動作が決まっていて決まった順番で呼吸に合わせて動くアシュタンガヨガを考案した。

B.K.S. アイアンガー師:Iyengar(1918-2014)

15歳からクリシュナマチャリア師のもとでヨガ修行を行い約80年間にわたるヨガの鍛錬と指導を重ねた。ヨガのバイブルといわれる「Light On Yoga(ハタヨガの真髄)」を著し世界のヨガブームの先駆けとなり、ヨガの治癒力を体系化。アイアンガーヨガの創始者で、ポーズ補助道具やベルト、ロープなどをつかいアーサナの完成度を深めるテクニックを発展させた。

※ドキュメンタリー映画「聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅」では、T.クリシュナマチャリア師、パタビジョイス師、アイアンガー氏のヨガ指導が映像で収められている。

こちらの記事で詳しく紹介しています。
「聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅」でモチベーションアップ

参考サイト:
Yogapedia
最終アクセス:2020/7/15
認定NPO法人日本ヨガ連盟
最終アクセス:2020/7/16
ヨガジャーナルオンライン
最終アクセス:2020/7/16
アンダーザライト
最終アクセス:2020/7/15
オンラインヨガSOELU
最終アクセス:2020/7/15
yoganess
最終アクセス:2020/7/15
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。