プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】ミッツ・マングローブさんの好きな俳句に「いいね!」しよう

1杯のコーヒー

プレバト!!の2019年春の「春光戦」夏の「炎帝戦」と続けて予選敗退しながらも、先生がどうしても世に紹介したいという決勝用の幻の名句を生み出し影のタイトルホルダーと呼ばれている、ミッツ・マングローブさん。

ミッツさんの句には、独特の妖艶な雰囲気が漂ったり、濃密な時間が詠み込まれるという特徴があるように感じます。

ミッツさんの2019年4月からのプレバト俳句を、鑑賞して応援しましょう!

プレバトファンの応援を届けよう

あなたはどの俳句が好きですか?

このサイトでは、誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(29)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

同じ俳句への同じIPアドレスからの連続クリックはカウントしません。
誰かがクリックした後ならまたクリックできます。

ミッツ・マングローブさんの最近の俳句一覧

2019年9月の俳句

20190926
お題「運動会」

秋声に 褪する石灰 最終種目
しゅうせいに あするせっかい さいしゅうしゅもく

添削なし

いいね!(14)

「言葉の経済効率が良い」という先生の評価。運動会としては味わいが大人だったといいます。

それというのも「秋声」は秋のしみじみとした物寂しさを表す季語だからです。

下五の「最終種目」で石灰はラインのことだったとわかり、意味が詠み手に流れ込んでくる。

「さすがミッツさん、しみじみと褒めたい」という夏井先生の評価でした。

この句でミッツさんは「1ランク昇格!」 特待生2級になりました。

おめでとうミッツさん

2019年7月の俳句

水滴の波紋
20190725 夏の炎帝戦 幻の傑作
お題「夏の波紋」

50のターン ひた蹴る裸の浮くを待つ
ごじゅうのたーん ひたけるはだの うくをまつ

添削後:
50のターンひた蹴る裸(はだか)浮くを待つ

いいね!(15)

夏井先生から(春に続き)「またアンタなの!」と驚かれるミッツさん。先生曰く決勝に残っていたら、今日は勝っていたという傑作だそうです。

「50のターン」で競泳の緊迫した様子を詠んだ一句。「ひた蹴る」という複合動詞も夏井先生が絶賛しました。浮くを待つというところでは、観客の見守る様子も伝わってくるように感じます。

最近、大河ドラマ「いだてん」の中で、1932年のロサンゼルスオリンピックと1936年のベルリンオリンピックで活躍する日本の水泳選手団が描かれましたが、ミッツさんの句を思い出し、その泳ぎや観客の気持ちが代弁されたような句だと感じていました。

花火大会
20190718 夏の炎帝戦 予選8位
お題「打ち上げ花火」

いたずらな背に 女王花の 爪の跡
いたずらなせに じょうおうばなの つめのあと

添削後:
女王花薫る背に爪跡をのこすかに

いいね!(6)

季語は「女王花」で「月下美人」のことだそうです。

打ち上げ花火の形を花に見立てた一句。

夜に咲く花である女王花の花びらが夜空を引っ掻いて背に爪の跡をたてるような悪い女風情を出してみたとミッツさん。

女王花が実態なのか比喩なのかがわかりにくいが、花火から月下美人への発想力は良いとの先生の評価。

夜に咲く花は香りが濃艶で強いのが特徴ですが、女王花もそのひとつ。

女王花を薫らせる、先生の添削でよりそれがわかりやすくなりました。

石川さゆりさんの歌のようだとミッツさん!

2019年4月の俳句

20190404 春光戦予選8位
お題「春の鮮魚店」

起き出でて 浅瀬へ店へ 乗込鯛
おきいでて あさせへ たなへ のっこみだい

添削後:
乗込鯛 跳ねて華やぐ 店先よ

いいね!(6)

春の鮮魚店の写真から、「乗込鯛(のっこみだい)」という季語を選んだミッツさん。

乗込鯛とは、冬眠から起きると浅瀬に出てくる鯛のことだそうです。

その鯛が勢いをもって鮮魚店まででてきたようだという句でしたが、中七が勢いを表現したかったのはわかるが強引、説明になってしまっているのが問題点。

先生には店の光景だけにするように添削されました。

ものの考え方、切り取り方はすごいものを持っていると、夏井先生はミッツさんをかっています。

1杯のコーヒー
20190404 春光戦 幻の傑作
お題「コーヒー」

沈黙の春尽く 角砂糖ひとつ
ちんもくのはるつく かくざとうひとつ

添削なし

いいね!(17)

夏井先生が、どうしても世に出したい名句として紹介したこの句。

季語「春尽く」は春の終わりを表します。

別れ話か、喫茶店の男女の重い沈黙を破ったのが、角砂糖ひとつ、かき混ぜるスプーンの音だったという、情景が見えてくるようです。

コーヒーとか喫茶店とかひとことも書いていないのに、これだけの情景を表せるのは驚きです。

決勝に出ていれば2位3位を争っていたという名句でした。

ミッツ・マングローブさんの俳句のまとめ

お気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトをミッツさんが観てくださると嬉しいな!と思います。

2019年4月からの句を載せましたがこの句も載せてというご希望があれば、どうぞコメントでお寄せください。

できる限り掲載していきたいと思います。

よろしくお願いします。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービス
31日間無料トライアルでは140,000作品以上(2019/10現在)が見放題
最新作も楽しめるポイントが600円分プレゼント
※登録日を含む31日間以内に解約すれば月額利用料は発生しません。


プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

フォローしていただけると嬉しいです。最新情報をお届けします。
ABOUT ME
葉っぱのしおり
はじめまして。葉っぱと申します。 SE/出産退職/専業主婦/非正規職員/IT企業勤務とたどってきたアラフィフ会社員です。 休日と寝る前には愛犬(わんこ)を撫でながら本を読み、そのまま寝落ちするのが最高の幸せでしたが、一念発起! 2019年5月からブログを開始しました。 今までの人生では読む・観る・聴くばかりでアウトプットを意識してこなかったので、 これからは自分の経験したことを表現して(ブログに書いて)いこうと思っています。 ブログでは、本と自然と生き方、旅行情報、愛犬、葉っぱ愛などを書いてます! その中に、誰かの役に立つことが一つでもあれば幸せです。 夫のうつ病と子育てを通して、人生感が変わりました。 すべての人に『ありがとう』と『微笑み』を届ける活動中! twitter @HappaShiori 企画参加中です→ よろしくお願いします。#仲間と作る本

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。