プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】馬場典子さんの俳句に「いいね!」しよう

レモンの蜂蜜漬け

フリーアナウンサーの馬場典子さんは、俳句以外にも水彩画や消しゴムハンコでも特待生として活躍中。

俳句では、ついに秋の特待生昇格スペシャルで特待生に昇格しました。

馬場典子さんの2019年からのプレバト俳句を、鑑賞して応援しましょう!

プレバトファンの応援を届けよう

あなたはどの俳句が好きですか?

このサイトでは、誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(269)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

同じ俳句への同じIPアドレスからの連続クリックはカウントしません。
誰かがクリックした後ならまたクリックできます。
句への敬意を込めて、またカウンターの動作確認のために、最初の1クリックは管理人が「いいね!」しています。

馬場典子さんの最近の俳句一覧

2020年2月の俳句

20200213
お題「観覧車」

緑立つ曼陀羅のごと観覧車
みどりたつ まんだらのごと かんらんしゃ

添削後:
観覧車は曼荼羅 緑立つ空よ

いいね!(1)

気持ちが落ち込んでいても観覧車に乗って1周まわってくるとまた頑張ろうと思えている。そんなところを曼荼羅にたとえた馬場さん。
中七の曼荼羅のごとが強すぎて、季語が負けてしまうところを添削されました。

季語が主役に立つように季語を映像として描写するほうが良いとのことでした。

20200206
お題「美容室」

啓蟄の決意 辞表とショートヘア
けいちつのけつい じひょうとしょーとへあ

添削なし

いいね!(10)

日本テレビを辞めようと決意したときにショートヘアにした。会社という安全なところから出てフリーアナウンサーになると決断したときの思いが詠まれた句です。

句またがりで、前半は映像ナシ、後半は映像アリの組み合わせで工夫されている句です。

馬場さんはこの句で特待生4級に昇格! おめでとうございます。

2019年10月の俳句

ATMの行列プレバト公式HPより
20191031
お題「ATMの行列」

星月夜 空き瓶に 五百円ジャリン
よしづきよ あきびんに ごひゃくえんじゃりん

添削後:
五百円玉ジャリン 星飛ぶ夜の 硝子瓶

いいね!(6)

500円玉貯金のジャリンという実感と、この貯金を何に使おうかという実感を星月夜に託したという句だそうです。

夏井先生より、五百円玉なのか、100円玉5枚なのか?わかるように、また「空き瓶」とすると貯まっているのがわかりにくくなるため「硝子瓶」と添削されました。

2019年9月の俳句

果物屋
20190919
お題「秋の果物屋さん」

マンションに 替わりし八百屋 秋夕焼
まんしょんに かわりしやおや あきゆやけ

添削なし

いいね!(3)

大好きだった近所の八百屋さんが閉店し、数年後に訪れるとマンションに変わっていたという寂しさを詠んだ句。季語は「秋夕焼」です。

夏井先生は、「非常にきっちりできている」と高評価。今、目の前に見えているマンションの光景と、過去の八百屋の光景が一句の中で一緒に描かれ、相当勉強したということがわかる、これだけ勉強できれば特待生になっても大丈夫」と太鼓判。

馬場さんはこの句で、みごと特待生に昇格されました。

馬場さんおめでとうございます!

2019年5月の俳句

レモンの蜂蜜漬け
20190516
お題「学校の蛇口」

1000本ノック浴びし日のレモン水
せんぼんのっく あびしひの れもんすい

添削後:
1000本ノック浴びし日のありレモン水

いいね!(4)

季語は「レモン水」。部活動の時、運動後に蜂蜜漬けレモンで疲れをいやしていたことを思い出し、読んだ句とのこと。

夏井先生は「浴びし」が過去形で、レモン水も過去の思い出にしてしまうと季語の鮮度が落ちると解説。添削では「レモン水」によって過去の部活を思い出すようには添削されました。

疲れた時のレモンの蜂蜜漬け、思い出される方も多いのではないでしょうか。

2019年3月の俳句

20190321
お題「春の旅行計画」

根が主役 茎葉も主役 せり鍋や
ねがしゅやく くきはもしゅやく せりなべや

添削後:
根も茎も主役みちのくなるせり鍋

いいね!(2)

季語は「芹」。春の仙台での旬の味「せり鍋」を詠み、みちのくの芹への愛が溢れる句。

初の最下位を記録してしまった句ですが、ご本人は前向きで「成長への過程」だとしました。

夏井先生は、「主役」を繰り返さず「も」をつかって添削されました。

馬場さんがそこまで美味しい!とお薦めしてくれる「せり鍋」が食べてみたくなる句です。

2019年2月の俳句

20190207
お題「梅と公衆電話」
大槌の 風の電話や 梅一輪
おおつちの かぜのでんわや うめいちりん

添削なし

いいね!(4)

東日本大震災後に、岩手の大槌にある「風の電話」を取材したことへと発想を飛ばし詠んだ句。

風の電話は電話線はどこにもつながっていない電話。訪れる人たちの祈りの気持ちや設置者の気持ち、それらが全部伝わる句だと夏井先生は絶賛。

「梅一輪」との取り合わせも評価され、添削なしとなりました。

馬場典子さんの俳句のまとめ

馬場典子さんは俳句の特待生に近いと言われながらチャレンジし続け、ついに昇格した努力家。

皆さんもお気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトを馬場さんが観てくださると嬉しいな!と思います。

ご活躍を応援しています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービス
31日間無料トライアルでは140,000作品以上(2019/10現在)が見放題
最新作も楽しめるポイントが600円分プレゼント
※登録日を含む31日間以内に解約すれば月額利用料は発生しません。


プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。