プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】岩永徹也さんの俳句にいいね!しよう

観覧車

プレバトではIQ130以上の高さとJAXAの宇宙飛行士適性試験でオールAAA!と紹介されている岩永徹也さん。じつは薬剤師の資格もある不思議な俳優・タレントさんです。

プレバト俳句では、初出場で1つの意味を掛け合わせた句を詠んだ結果、番組史上最低点の5点という記録を出してしまいました。がそのあとは本領発揮し才能アリを連発。最近は出場の度1ランク昇格を続け2級まで進みましたが、10月末に降格で3級に!

岩永徹也さんの2019年からのプレバト俳句を、鑑賞して応援しましょう!

プレバトファンの応援を届けよう

誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(135)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

岩永徹也さんの最近の俳句一覧

2020年2月の俳句

観覧車
20200213 名人特待生査定SP
お題「観覧車」

花冷えや 解体前の観覧車
はなびえや かいたいまえの かんらんしゃ

添削なし

いいね!(2)

小さい頃にいっていた遊園地が閉園することになり、さみしい気持ちを花冷えという季語で表わしたという松永さんの句。

評価のポイントは季語「花冷え」を選んだ是非。

この句で「1ランク昇格!」。岩永さんは特待生2級に返り咲きました。

夏井先生からは、季語が効果的だという評価でした。

この句は桜の美しさと解体前の観覧車の対比が良く、「冷え」のおかげで観覧車の鉄骨の奥まで冷えていっている感触もでる。いい季語を選んだと夏井先生は大絶賛でした

岩永さん、おめでとうございます!

2019年12月の俳句

駅弁
20191226
冬麗戦予選 第5位
お題「年末年始の駅弁売り場」

駅弁の箸割る音や去年今年
えきべんのはしわるおとや こぞことし

添削後:
駅弁の箸割る去年今年の車窓

いいね!(3)

高浜虚子の使った「去年今年」という季語は、一瞬と時間の流れの両面を内包する季語だとのこと。

岩永さんが「去年今年」の一瞬に焦点を当てて詠んだ句を、夏井先生は時間の流れを車窓の流れに感じられる句に添削しました。

2019年10月の俳句

ATMの行列プレバト公式HPより
20191031
お題「ATMの行列」

三度目の ATMや 菊花賞
さんどめの えーてぃーえむや きっかしょう

添削後:
菊花賞 今日三度目の ATM

いいね!(3)

お題のATMは季節感がないので、物語を作ろうと思ったと岩永さん。競馬場で何度もチャレンジしてATMに行ってお金をおろして臨んだ時のことを書いたとのことです。

夏井先生は、語順を菊花賞を最初に出して競馬場だとすぐわかるようにし、さらに「今日」3回目のATMだとわかるように添削されました。

岩永さん、応援しています!

2019年6月の俳句

20190606
お題「梅雨の物干しハンガー」

梅雨寒やジャズレコードの傷拾う
つゆざむや じゃずれこーどの きずひろう添削なし

いいね!(6)

お気に入りのジャズ喫茶で、梅雨時にはレコードの針がキズを拾い、音飛びしやすいということを知って詠んだ句。

夏井先生からは「梅雨寒」での皮膚感覚、レコードの音飛びの「聴覚」などよく考えて作っているという高評価。

岩永さんはこの句で1ランク昇格。

特待生2級になりました。おめでとうございます。

2019年4月の俳句

魚屋さん
20190404 春光戦予選5位
お題「春の鮮魚店」

春ぼこり 固定電話の 指の跡
はるぼこり こていでんわの ゆびのあと
添削後:
魚屋の 電話機 春埃の指跡

いいね!(1)

鮮魚店に行ったことがなかったため実際に行ってみたところ、魚屋の奥の黒電話がホコリをかぶっていたことから詠んだ句。

夏井先生は固定電話に目を付けたことや、ホコリの指跡を切り取った点を評価。肝心の「魚屋」だということがわかるように添削されました。

2019年3月の俳句

20190307
お題「春の号外」冴え返るA.I.棋士の白き腕
さえかえる えーあいきしの しろきうで添削後:
冴返る A.I.棋士の 白い腕

いいね!(3)

号外に、人口知能ロボットのAI棋士がプロ棋士に勝ったと書いてあると想像した句。

岩永さんはこの句で「1ランク昇格」。連続で昇格を果たし特待生3級になりました。

岩永さん、おめでとうございます。

2019年1月の俳句

コンビニのおでん
20190131
お題「コンビニのおでん」煮大根や 円周率の 崩る音
にだいこや えんしゅうりつの くずるおと
添削後:
煮大根や 円周率の 崩るる音

いいね!(5)

岩永さんの好きなおでんの具、煮大根。その大根が煮崩れるところをみて円周率に発想を飛ばした句。

夏井先生から普通の人はそんな風には思わないが、大根の丸い形が煮崩れることを円周率が崩れると言いたいのだ、ぐつぐつと大根が煮える音が円周率が崩れる音だと表現しているとわかると「なるほど」と思うとのコメント。

岩永さんはこの句で4級に1ランク昇進しました。

岩永徹也さんの俳句のまとめ

岩永さんがまた、2級、1級と昇格されるのを楽しみにしています!

皆さんでどうぞ、お気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトを岩永さんが観てくださると嬉しいな!と思います。

2019年1月までの句を掲載しましたが、この句も載せてというご希望があれば、どうぞコメントでお寄せください。

できる限り掲載していきたいと思います。

よろしくお願いします。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービス
31日間無料トライアルでは140,000作品以上(2019/10現在)が見放題
最新作も楽しめるポイントが600円分プレゼント
※登録日を含む31日間以内に解約すれば月額利用料は発生しません。


プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

フォローしていただけると嬉しいです!
ABOUT ME
葉っぱのしおり
すべての人に『ありがとう』と『微笑み』を届けたいアラフィフブロガーの「葉っぱ」です。 約50年間生きてきた中で学んだこと、経験したことをシェアしていきます。 その中に、誰かの役に立つことが一つでもあれば幸せです。 人生初を楽しむ活動中。 毎日Twitterで『愛拶』をつぶやきます。 人気ブログランキングに参加中です 応援してくださると嬉しいです
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。