プレバト俳句

【プレバト俳句一覧】柴田理恵さんの俳句にいいね!しよう

富士山の息吹を感じる湖のほとり

柴田理恵さんといえば女優としてテレビ、舞台、バラエティなど多彩な活動で知られていますが、プレバトでも俳句の特待生として活躍中。

最近では、北陸の地方色が豊かな句を詠まれるのが特徴です。

柴田理恵さんの2018年8月の特待生昇格からのプレバト俳句を、鑑賞して応援しましょう!

プレバトファンの応援を届けよう

あなたはどの俳句が好きですか?

このサイトでは、誰でもお気に入りの俳句に「いいね!」をできるようにしました。各句にこのようないいね!ボタンがついています。

ファンの皆さんの「いいね!」がカウントされてボタンの()の中に表示されていきます。

いいね!(564)

SNSのアカウントがなくてもクリックできます。

同じ俳句への同じIPアドレスからの連続クリックはカウントしません。
誰かがクリックした後ならまたクリックできます。

柴田理恵さんの2018年8月以降の俳句一覧

2020年5月の俳句

20200528
お題「100円玉」

「百円でケンカしたよね」笑う君の歯 若葉風
ひゃくえんで けんかしたよね わらう きみのは わかばかぜ

添削後:
百円でケンカしたよね 若葉風
百円でケンカした日の 若葉風

いいね!(1)

昔、久本さんと100円を貸した返したで喧嘩した、ということを二人とも覚えていて笑いあうという句。
評価のポイントは会話の「」の是非。

「1ランク降格」となってしまった、エピソードとしては面白いが、俳句としてみたとき、会話と中七でやり過ぎた句、と夏井先生。

若葉風が出てくると、今は仲直りできているとわかる。季語を信じればいい、と会話だけを活かして添削されました。
「日の」とすると、若葉風を見るたびに、若いころを思い出す句になるそうです。

2019年11月の俳句

紅葉に嘆息する
20191114
お題「京都叡山電鉄の紅葉」
高僧も無明の吾もまた紅葉愛で
こうそうも むみょうのあもまた もみじめで

添削後:
高僧も無明の吾(われ)も紅葉に座す

いいね!(4)

最澄が開山した比叡山の紅葉を前に、かつての高僧も自分も同じ紅葉を愛でているのだなぁという実感を詠んだ句。

夏井先生は、徳の高いお坊さんも無知な私も同じ空間におりますと添削されました。

2019年5月の俳句

タコライス
20190523
お題「5月の昼休み」

若葉風 部下にあわせて タコライス
わかばかぜ ぶかにあわせて たこらいす

添削後:
若葉風 部下にあわせる タコライス

いいね!(9)

部下と一緒に食事に出かけた上司が、若い人に合わせてタコライスを食べてみようかな、という句。

夏井先生も世代感覚を表現した点を高く評価されていました。

なんだか楽しそうなランチタイムの様子が伝わってきますね。

2019年3月の俳句

20190307
お題「春の号外」

「犯人逮捕」干鱈を毟る母の黙
はんにんたいほ ひだらをむしる ははのもだ

添削なし

いいね!(10)

北陸の郷土料理に使われる干した鱈はカチカチになるため、食べる時には金づちで叩いて毟って食べるのだそうです。

黙々と干鱈を毟る母から、子どもを事件で失ったのであろう深い悲しみや悔しさが伝わってくる句。

夏井先生は、この句を絶賛。特待生5級から3級に2ランク昇格!という高い評価を付けました。

柴田さんおめでとうございます。

この句は2019年3月月間MVH受賞句にも選ばれました。

2019年1月の俳句

20190117
お題「冬のバス停」

頬ゆるめ 仰ぐ鈍空 鰤起し
ほおゆるめ あおぐにびぞら ぶりおこし

添削後:
鈍色の 空やいよいよ 鰤起し

いいね!(2)

季語は「鰤起し」。日本海側で1,2月の雷が鳴る頃に鰤がとれることから、冬の雷を鰤起しというのだそうです。

鰤がとれるぞという期待感が、より表れた句に添削されました。

2018年9月の俳句

真っ赤な紅葉
20180927 金秋戦予選8位
お題「紅葉の絶景」

主人なき庭に 満天星紅葉燃ゆ
あるじなきにわに どうだんもみじもゆ

添削後:
荒れ兆す 庭の満天星紅葉かな

いいね!(1)

いつも綺麗に手入れされていた庭が荒れていたことで、その家の主に何かあったのだろうか?という気持ちとその庭の綺麗な満天星つつじの紅葉の印象を詠んだ句。

「紅葉燃ゆ」という表現は、常套手段でそうそう使ってはいけないと名人たちから指摘されていました。

2018年8月の俳句

20180816
お題「帰省ラッシュ」

降り立ちて 夜のしじまに あいの風
おりたちて よるのしじまに あいのかぜ

添削なし

いいね!(4)

季語「あいの風」とは、夏に日本海沿いで吹く風。帰省して地元に駅に降り立ったらすでに夜。「あいの風」に吹かれて地元に帰ってきたなぁと感慨にひたったいるのが感じられる句です。

夏井先生は季語「あいの風」の使い方を高く評価。特待生に昇格となりました!

柴田さん、おめでとうございます。

柴田理恵さんの俳句のまとめ

柴田さんの詠む句は地元の言葉が出てくる地域色豊かな句。句によってその土地の言葉を知ることで、その地域に対する興味も沸いてきますね。

皆さんもお気に入りの句の「いいね!」をクリックしてくださいね。

このサイトを柴田さんが観てくださると嬉しいな!と思います。

ご活躍を応援しています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービス
31日間無料トライアルでは140,000作品以上(2019/10現在)が見放題
最新作も楽しめるポイントが600円分プレゼント
※登録日を含む31日間以内に解約すれば月額利用料は発生しません。


プラグインのご紹介

このページのクリックカウンターは以下のサイトのプラグインを使用させていただきました。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」

ありがとうございました!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。