資格・ノウハウ

【簿記3級】はじめて受験する人のための試験申し込み方法ガイド 

エントリー

これから簿記3級にチャレンジする人のために、簿記試験の申し込み方法についてまとめました。

初めての簿記試験を受けることにした方にとって、勉強法はもとより、試験の申し込みや、テキスト、電卓選びなど、勉強以外のところでいろいろとパワーが必要
ですね。

ここでは、事前準備の中の、個人での試験申込手続きについて商工会議所サイトでの情報も細かくまとめておきますので、参考にしてください。

手続きをサクッと済ませて、どうか、皆さんが簿記の勉強に集中して取り組めますように。

ここまでの記事をまた読んでいない方は【簿記3級】独学一発合格のための勉強とやること全部まとめましたから。

受験を決めたらまずはやること3つ

簿記試験を初めて受けよう!と決めた方は、これからどのように準備をしていったら良いのか、受験を決めたらまずこの3つをやりましょう。

ます。①は最初にやりましょう。この記事で、詳しく書いていきます。
②③はどちらが先でも大丈夫です。それぞれ別記事で説明しています。

事前準備の流れ

①試験日程・受験地・申込期間を確認する

②電卓を買う・マニュアルも読む

③テキスト・過去問題集を買う

試験日程を確認し、どの回を受験するか決める

まず、受験することにしたら、試験の日程を確認し、どの回を受験するか決めましょう。

試験日程の確認

簿記3級の試験は、毎年度3回、6月、11月、2月に実施されます。
2019年度は以下の3回です。

2019年度 簿記3級試験日

152回 2019年 6月 9日(日)➡終了
153回 2019年11月17日(日)
154回 2020年 2月23日(日)

受験する回を決定

必要な勉強期間は、
【簿記3級】独学での勉強期間はどれくらい必要?1か月?3か月?
の記事で書いていますが、この日程をみて、次の試験日にするか、次の次の試験日にするか、を選ぶことになりますね。

試験のタイミングによっては、年度をまたぐと出題範囲が変わることがあるので要注意です。

受験地(申し込み先の商工会議所)の決定

次に、どこの商工会議所で受けるか決めます。

普通はご自宅近くの商工会議所や、アクセスしやすい地域の商工会議所で受けるのが一般的でしょう。

ただし、申し込み期限ぎりぎりだと既に想定していた商工会議所では締め切りを過ぎている場合も!

そんな時は少し離れていても、ネット申し込みなどで期限が来ていない商工会議所を探すことになります。

早めの受験手続が安全です。

商工会議所のWebサイトで確認しましょう。

商工会議所のWebサイトを直接のぞいてから簿記試験の詳細情報を探すのは、結構わかりにくいんです。

葉っぱ
葉っぱ
商工会議所のWebサイト内で迷子になりました。

どこに簿記試験の情報が掲載されているのか、まったくわからない!

だから「○○商工会議所 日商簿記試験申込」のキーワードで直接ググってしまうほうがいいですよ。

申込期間の確認 -商工会議所、申込方法によって期間が違うので注意!-

どの商工会議所で申し込むか決めたら、次にやるのは申込期間の確認です。

受験する各地の商工会議所によって申込方法も申込期間も一律ではないので注意が必要です。

同じ商工会議所でも、申込方法によっても申込期間が違うので、受験地が決まったら早めに確認しましょう。

手順は次のとおりになります。

申込期間の確認の手順

① 商工会議所のWebサイトにアクセス

② その商工会議所ではどんな申し込み方法があるか

③ その申し込み方法での申込期間はいつまでか

例えば、以下のように申し込み期間が異なります。

東京はかなり早めの申し込み期間であることがわかります。

【第153回の申し込み期間の具体例】
東京商工会議所:153回の場合➡9月3日~10月4日

東京商工会議所申込期間東京商工会議所申込期間

土浦商工会議所:153回の場合➡10月1日~10月22日

土浦商工会議所申込期間土浦商工会議所申込期間

横須賀商工会議所:153回の場合➡10月1日~10月27日

横須賀商工会議所申込期間横須賀商工会議所申込期間
葉っぱ
葉っぱ
東京は受験者が多いせいか、早めの申し込み時期になっています

試験の申し込み方法の種類

商工会議所によって扱っている申込方法は異なり、以下のようにさまざまな種類があります。

申し込み方法の種類

インターネット申込

電話申込

商工会議所の窓口申込

現金書留の郵送

提携書店での申し込み

ネット申し込みを扱っている商工会議所では、コンビニで試験代金が払えたり、試験結果がネットで確認できたりと便利です。

必要な書類も異なりますので、商工会議所のサイトでよく確認することが必要です。

試験の申し込みをするorスケジュール登録する

すでに申し込み期間に入っていたら、申し込み手続きをしてしまいましょう。

まだ申し込み期間に入っていない場合は、しっかりスケジュール登録しておきましょう。

気づいたら申込期限が過ぎていたっていうことがないように、気を付けて!

申し込み手続きのまとめ

日商簿記試験を初めて受ける方のための、申し込み手続きのまとめでした。

申し込み手続きのまとめ

試験日程を確認
➡どの回に受験するか決定

受験地の決定 
➡どの商工会議所で受けるか決定

申込方法の決定
➡どの方法で申し込むか決定
 申込期間が決まる

試験申し込み 
➡期間が始まっていなかったら
 スケジュール登録

事前準備の流れ

①試験日程・受験地・申込期間を確認する

②電卓を買う・マニュアルも読む

③テキスト・過去問題集を買う

①が完了しました。事前準備の続き②③は元の記事に戻ってからどうぞ!

元のまとめ記事に戻る

フォローしていただけると嬉しいです。最新情報をお届けします。
ABOUT ME
葉っぱのしおり
IT関係のお仕事をしています。 最近は「葉っぱ」に魅せられています。 葉っぱの形と並び方、自然のデザインって本当にすごい。 休日や寝る前、愛犬(わんこ)を撫でながら本を読むことが好き。 また、そのまま寝落ちするのが最高の幸せです。 今までの人生では読む・観る・聴くばかりでアウトプットをしてきませんでしたが、最近では自分の経験したことを表現して、ブログやtwitterで発信しています。 その中に、誰かの役に立つことが一つでもあれば幸せです。