プレバトタイトル戦

プレバト俳句2月18日春光戦予選A・B海に墜ちた流星がウニ!?

ウニの軍艦巻き

春の俳句タイトル戦「春光戦」2021が始まりました。

今回は史上最高の20人の名人、特待生が参加する予選会はABCDの4組で競われます。

各ブロックの1位通過者4名と全ブロックの2位4名の中から上位3名の、計7名が決勝に進出できるルール。

2021年2月18日現在、以下の表のように永世名人1名、名人9名、特待生19名は合計29名。そのうち23人の実力者が競います。

今回のブロック組み分けは、浜田さんの神がかったくじ引きで厳正に抽選。

面白い顔合わせができましたよ!

20210128名人2021年2月18日名人段位
2021年2月18日現在特待生段位2021年2月18日現在特待生段位
プレバトファンのみなさまへ

各俳句の「いいね!」のクリック数が()内に表示されるようにしています。

こういうボタンです。このボタンは練習用!
いいね!(782)

「いいね!」で作者さんの応援をお願いします。

春光戦の決勝進出を決めているのは?

今回の春光戦では3名が決勝へのシード権を獲得しています。

シード権のある参加者は?
永世名人 梅沢富美男さん
名人6段 キスマイ横尾渉さん
名人3段 千原ジュニアさん

予選A・Bブロックの観覧ゲストにも、このお三方が見届け人として参加します。

春のタイトル戦予選のお題

名人、特待生の実力が試されるお題。

春光戦予選A・Bブロックへの夏井先生からのお題は「ウニの軍艦巻き」
ウニの軍艦巻き

シンプルな写真で季語としっかり向き合わないといけないお題のため、実力差が出てしまうそうですよ。

春光戦予選Aブロックの出場者は?

予選Aブロックで決勝進出確定の1位を競うみなさんは、名人10段がお二人、キスマイもお二人入ったこの5名の方々です。

名人10段 藤本敏史さん
自信がなさそうな藤本さん。吉本枠で1人は残らなくてはと気合いを入れています。

名人10段 村上健志さん
まるでプチ梅沢さんのように自信を見せる村上さんです。

名人2段 千賀健永さん
前回のタイトル戦の後にお母さんから怒られてしまったという千賀さんです。

特待生4級 馬場典子さん
大阪芸術大学の教授をしている馬場さん。プレバト俳句を教材に使っているそうです。

特待生4級 北山宏光さん
気を抜いていると寝首をかきますよ、と自信を見せる北山さんです。

Aブロックの見どころは、タイトル戦を制したことがある藤本さん、村上さんと、千賀さんのお三方がそろっているところ。

ハイレベルな決戦になりそうなところですね。

春光戦予選Bブロックの出場者は?

予選Bブロックで決勝進出確定の1位を競う出場者は、この5名の方々です。

名人5段 中田喜子さん
タイトル戦予選を毎回通過している中田さんは、喜怒哀楽マダムという異名をとっています。

特待生2級 皆藤愛子さん
幸せいっぱいの篠田さんには負けたくないという皆藤さん。梅沢さんにも応援されています。

特待生3級 篠田麻里子さん
歴代俳句ベスト5に句が入った皆藤さんに闘志を燃やす篠田さんです。

特待生4級 筒井真理子さん
今回のBブロックでは中田さんをライバル視しているという筒井さんです。

特待生5級 武田鉄矢さん
武田さんは、女性の中で際立つような句を狙って詠んだといいます。

Bブロックは、5人中4人が女性という華やかな顔ぶれ。
唯一の男性、武田鉄矢さんが抜きんでるか、中田さんが実力どおり決勝進出するかが見どころです。

華やかな反面、バチバチと火花も散っているようです。

まずは予選Aブロック!決勝進出を決めたのは?

放送での浜田さんの発表順に、順位と俳句をみていきましょう。

海苔篊の 等間隔に暮れかかる

Aブロック第2位 補欠
フルポン 村上健志さん

海苔篊の 等間隔に暮れかかる
のりひびの とうかんかくにくれかかる

添削なし

いいね!(24)

海苔篊(のりひび)とは海苔の養殖に使われる資材。海に突き出している棒のような、あれです。

海苔篊が等間隔に暮れかかっている。「それだけのデッサン!」と村上さん。時折デッサンの俳句を詠むのだそうです。

「マジでいいですね」とジュニアさん。ただただ素直にデッサンしたところを絶賛します。

「えらそうに言ってる割りには普通だ」という梅沢さん。「それでは補欠も当然だ」と厳しいお言葉で、「村上らしい俳句を期待していた」といいます。

この句が村上さんの句だと知って、「村上さんの力なら、無難に置いてきた感がある」という夏井先生。

ご自分でも「無難に置いてきた」とカミングアウトする村上さんでした。

この句は海苔の養殖の広さも「暮れかかる」で時間経過も描けている。「海苔篊」という季語でデッサンしようとした配慮はよくわかると夏井先生。

村上さんの実力が出ているそうです。

村上さん、さすがです。補欠枠から決勝に進んでほしいです。

一貫の海胆 縄文と令和を繋ぐ

Aブロック第5位 予選敗退
特待生4級 馬場典子さん

一貫の海胆 縄文と令和を繋ぐ
いっかんのうに じょうもんとれいわをつなぐ

添削後:
海香る縄文の海胆 令和の海胆

いいね!(2)

馬場さんは、「ウニは美味しい」と知っていないと食べたいと思わない(見た目)。

いつから食べられ始めたのかと調べたら、縄文時代の貝塚からでてきて食べていたとわかったのでそれを詠んだそうです。

発想はダイナミックで魅力があった。調べた事実を書こうと、あがいたのがわかると夏井先生。

ただ「と」「を」「繋ぐ」が散文的だったことと、「一貫」でなくもっと大きく書いてほしかった、と添削されました。

確かにあの黒いトゲトゲを最初に割って食べようとした昔の人はすごいですね。

花板に握らるる雲丹 淋漓たり

Aブロック第4位 予選敗退
特待生4級 
Kis-My-Ft2 北山宏光さん

花板に握らるる雲丹 淋漓たり
はないたににぎらるるうに りんりたり

添削後:
雲丹淋漓たり 花板のあざやかに

いいね!(5)

「淋漓」も「花板」も、この言葉を見つけたときに「やったー」と思ったという北山さん。自信があったのでとても残念そうです。

「花板」(板前の一番トップの方)に握られている海胆を、「淋漓」とは勢いが溢れ出るさまを表す語で表現した句。

雲丹に対して淋漓たりと言い切っている。粋な花板を持ってきているのがいい判断だと夏井先生。

雲丹を主役にするために「あざやかに」として読者に想像させる句に添削されました。こうしていたら1位だったそうです。

淋漓という言葉の意味を初めて知りました。

墨痕淋漓(ぼっこんりんり)という四字熟語でしか見たことがない言葉でした。

鈍色の漁船ふちどる 春北斗

Aブロック第5位 予選敗退
名人2段 
Kis-My-Ft2 千賀健永さん

鈍色の漁船ふちどる 春北斗
にびいろのぎょせんふちどる はるほくと

添削後:
鈍色の漁船よ 青き春北斗

いいね!(2)

雲丹を獲っている漁船と海を連想した、という千賀さん。漁船はさびていて鈍色の漁船を春北斗が縁取っているという句。

「鈍色の漁船と春北斗の取り合わせはいいと思う」と横尾さんのコメント。

美しい光景をかこうとしている詩人の心には共感を持った、と夏井先生。

印象もとても美しいが、「ふちどる」があいまい。その分で、春北斗の描写をすると1位を狙えた、惜しい!と先生。

春北斗を「青き」としたら色の対比になる上に、季語が主役に立つ。

今回の春光戦では、季語を主役に立てることができているか、工夫が機能しているかを評価のポイントにさせてもらった、という夏井先生でした。

Kis-My-Ft2の7人をイメージする北斗を使いたかったそうです。

流星群 いくつか海に墜ちて海胆

Aブロック第1位 決勝進出
FUJIWARA 藤本敏史さん

流星群 いくつか海に墜ちて海胆
りゅうせいぐん いくつかうみにおちて うに

添削なし

いいね!(8)

海胆のへんな形や色。

宇宙からやってきた流れ星、流星群が海に墜ちたのが海胆になったのでは、と想像して詠んだ句だそうです。

藤本さんのこの句は、梅沢さんをうならせました。

「こんな難しいことをやろうと思ったな」と、夏井先生も感心しきり。

季重なりで、秋の季語「流星」と春の季語「海胆」をいれている、大胆さです。

物語のようなファンタジーを紡ぎながら海胆を主役にするということができている句でした。

藤本さんのファンタジー、想像力にはいつも本当に驚きです。

つぎは予選Bブロック!決勝進出を決めたのは?

海苔一帖 等間隔に刻みて春

Bブロック第3位 予選敗退
特待生4級 筒井真理子さん

海苔一帖 等間隔に刻みて春
のりいちじょう とうかんかくにきざみて はる

添削後:
海苔刻む 等間隔の音や 春

いいね!(2)

「海苔」と「春」と季重なりでも、あえて「春」といいきった筒井さん。

海苔を最後に等間隔に刻んだのを巻く。それを刻みて春ととめて強調したつもりだったそうです。

梅沢さんは、季語を2つ使わなくて良かったのでは、とコメント。

夏井先生も、少し欲張りすぎたと解説しました。

季語が2つあること、キーワードも「一帖」と「等間隔」の2つ。

夏井先生は、海苔を刻む音を言いたいのなら、一帖をあきらめて音をダメ出しで入れるといいと、思わず筒井さんも拍手してしまう添削を示されました。

確かにちらし寿司に散らす刻み海苔は春を感じますよね。

艶めきて 海胆握る指 和ぎのごと

Bブロック第2位 補欠
名人5段 中田喜子さん

艶めきて 海胆握る指 和ぎのごと
つやめきて うににぎるゆび なぎのごと

添削後:
和ぎのごと海胆つややかに握る指

いいね!(11)

シャリの上に海胆を乗せた瞬間、海胆をにぎる指が途端に和ぎのような柔らかさになったという句。

海胆と真っ向勝負というところが意欲があって良い、握る指を凪のようだとはなかなか思いつかない、褒めておきましょうと夏井先生。

あえて直すなら「艶めきて」と「握る」の動詞が2つがもったいない。

指の動きが凪のようだという点をクローズアップする句に添削されました。

中田さんの喜怒哀楽の表情を撮り逃さないように、カメラの1台は常時中田さんを狙っているそうですよ。

ウニ二貫 お先にどうぞと 古女房

Bブロック第4位 予選敗退
特待生5級 武田鉄矢さん

ウニ二貫 お先にどうぞと 古女房
うににかん おさきにどうぞと ふるにょうぼう

添削後:
「お先にどうぞ」と女房 分けあふ海胆二貫

いいね!(3)

私世代では海胆は高級品という印象で〆に頼むもの。分けるつもりの2貫だが、「あなたがお先に取りなさいよ」という女房を詠んだ句。

映像ではなくストーリーを書こうとしている句だ、と夏井先生。

微笑ましい光景でこれを書きたいという作者の気持ちは良い。

ストーリーを描くために、上五を字余りにして、会話を入れた句に添削されました。

永く連れ添うご夫婦の穏やかな会話が見えるようですね。

春の闇 洗う寿司桶 荼毘し祖母

Bブロック第5位 予選敗退
特待生3級 篠田麻里子さん

春の闇 洗う寿司桶 荼毘し祖母
はるのやみ あらうすしおけ だびしそぼ

添削後:
寿司桶洗う 祖母を荼毘せし夜の春

いいね!(2)

2年前に亡くなった祖母のお葬式の日、寿司桶を洗っているときになんともいえない気持ちがしたのを詠んだという篠田さんの句。

梅沢さんは「ホラーに読める」とコメントし、夏井先生から10人に1人くらいは亡くなったおばあさんが寿司桶を洗っていると間違って読むかもしれないので、そうならないように直しましょうと添削されました。

季語も「春の闇」でなくもう少し春が優しく残るようにされています。

篠田さんのやろうとしていることはとても良い。あとは技術を身につけましょう、と夏井先生のコメントでした。

篠田さんの句はご家族への愛情が感じられる句が多いですよね。

休業と手書き 格子戸に春塵

Bブロック第1位 決勝進出
特待生2級 皆藤愛子さん

休業と手書き 格子戸に春塵
きゅうぎょうとてがき こうしどにしゅんじん

添削後:
休業とあり 春塵の格子戸に

いいね!(5)

コロナ禍の今、街中でよく見る光景。私の大好きなお寿司屋さんも休業していて張り紙をしてあるのを詠んだという皆藤さん。

梅沢さんは「素晴らしい、完璧!」と大絶賛。

まさに今の世相を切り取り、良いと思うと夏井先生。

作者なりの工夫は感じられるが、リズムが多少ぎくしゃくしているのが気になると、夏井先生に添削されました。

季語をクローズアップするほうがいいのではと思うと夏井先生でした。

皆藤さん、おめでとうございます。春塵という季語にいろいろな思いが伝わってきました。

春光戦予選A・Bブロックのまとめ

春光戦決勝進出の2枠を射止めたのはFUJIWARA 藤本敏史さん、皆藤愛子さんでした。

補欠であと3枠を争うのはフルポン村上健志さんと中田喜子さんでした。

第1位 決勝進出決定
A1位 FUJIWARA 藤本敏史さん

B1位 皆藤愛子さん

補欠
A2位 フルポン村上健志さん

B2位 中田喜子さん

予選C,Dブロックも決勝もとても楽しみですよね!

今回も、最後までご覧いただきどうもありがとうございました。

予選C・Dブロックはこちら。

チョコ菓子
プレバト俳句2月25日春光戦予選C・D花疲れにはチョコレート!2月25日のプレバト春光戦予選C・Dブロックは「きのこの山」と「たけのこの里」がお題。優勝6回を誇る東国原さんと前回優勝の森口さんがぶつかるCブロックと、落語家対決が実現したDブロック。順当に決勝にコマを進めるのか大下剋上か!今回もハイレベルな特待生と名人の素敵な名句がたくさん生まれました。...

前回の冬麗戦はこちら。

輪ゴム
プレバト冬麗戦2021は名人9人特待生1人の大波乱&下剋上プレバト1月14日のタイトル戦冬麗戦は2020年の優秀句10句を詠んだ、名人9人と特待生1人での大波乱の展開でした。決戦を制したのは下剋上!?歳時記に掲載されたプレバト俳句は?...

昨年の春光戦はこちら。

大の字に寝転ぶ
プレバト俳句2020春光戦決勝はシンバルで東国原さん6回目優勝!4月9日のプレバト春のタイトル戦2020決勝の結果は?10人による春のタイトル戦は名人10段が明暗を分けた大波乱!若者も上位に食い込み名人が下位に!?優勝は?春に強い東国原さんが「まるでシンバル」という比喩の句で6回目の制覇!今回も名句がたくさん生まれました。...
絆創膏
プレバト3月12日春光戦予選Bは顔面骨折バイク俳句でジュニアさん!プレバト俳句春光戦予選Bで3月12日、決勝に進出したのは名人3人!ジュニアさんがバイク俳句に戻ってきました!中田さんとともに、キスマイ直接対決を制して決勝に進んだのは、千賀さんでした!おめでとうございます!...
カップ麺を食べる
プレバト俳句2月27日春光戦予選Aは鈴木光さん無季の句で決勝へ!プレバト2月27日の春光戦の予選Aブロック。決勝にコマを進めた3名は、実力No.1藤本さん。6回目の挑戦で初進出の岩永さん。無季の句で挑戦した鈴木光さんでした。...


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
↑ブログランキングに参加中です
 応援してくださると嬉しいです
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。