ヨガ・瞑想

【アーユルヴェーダ】朝イチの白湯に感謝して1日を始める理由は?

白湯

みなさんは朝起きて、まず最初に何を飲みますか?お茶?コーヒー?牛乳のかたもいるかもしれませんね。

ここ数年、朝、白湯(さゆ)を飲む方が増えています

白湯とはいわゆる湯冷ましのことですが、どうしてそんなに白湯が人気になっているのでしょうか。

この記事では、白湯を飲む効果、白湯の正しい作り方、それを朝イチに感謝して飲むことで得られるメリットについてご紹介します。

私も以前から朝一番には、白湯を飲んでいましたが、白湯にたくさんの良い効果があることは知りませんでした。

白湯(さゆ)を飲むことの効果とは?

白湯は、5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学「アーユルヴェーダ」では「バランスの取れた魔法の飲み物」といわれています。

ここ数年の白湯の人気の秘密は、アーユルヴェーダの言葉どおり、「白湯」を飲むことで得られるたくさんの良い効果によるものです。

白湯を飲むことには、次のように多くの嬉しい効果があるのだそうです。

【白湯を飲む効果】
内蔵が温まり冷えがとれることで

消化力が高まる
   便秘解消
   効率よく栄養を吸収
   腸内環境が整う

代謝が上がる
   痩せる
   むくみがとれる

免疫力が上がる
   風邪をひきにくくなる

血流がよくなる
   デトックス効果
   美肌効果
   肩こりや腰痛の緩和
   冷え予防

心に活力が戻る
   緊張がほぐれる
   イライラしにくくなる

朝起きて、最初に口にする白湯は、身体のすみずみまで温かさが伝わっていくようで、心からほっとしますよ。

アーユルヴェーダでの白湯(さゆ)の作り方とは?

白湯は、水を沸かして不純物を取り除いたものですが、アーユルヴェーダ的には正しい作り方があるのだそう。

【白湯の正しい作り方】
やかんや鍋に水を入れ火にかける

沸騰させたらふたを外し火を弱める

15分ほどポコポコと沸騰させておく

カップに注ぎ50度ほどに冷ます

ポイントは、お水は水道水でも良いということ。しっかり沸騰させて不純物を取り除くので、日本の水道水は十分なのですね。

また一度作ったら、冷めたのを温め直しはよくないそうです。たくさん作ったら保温ポットなどにいれておきましょう。

白湯は一気飲みはせず、少しずつ飲むのが良いそうです。

白湯を飲む、おすすめのタイミングは、朝一番と、朝、昼、夕食の食前だそうです。食後は胃液を薄めてしまうので食前が良いとのこと。

なぜ、このような作り方、飲み方になるのでしょう。

アーユルヴェーダでは、すべてのものがドーシャという3つの生命エネルギー、カパ(水) 、ピッタ(火)、ヴィータ(風)から成り立っていると考えられています。

水を火にかけて沸かし、コポコポと気泡が生まれ風のエネルギーも加わるので、白湯には3つの要素が揃いバランスが取れているのだそうです。

いつも電気ポットで沸かして沸騰直後の湯に水を加えて温度を調整したり、温めた途中の湯を飲んでいましたが、正しい作り方を知ってからはこちらの方法にしています。

朝起きてすぐにお湯を沸かし、白湯を飲んでから朝ヨガと瞑想をするのが朝のルーチン。

朝ごはんはその後です。

地球上の水のうちのあなたのコップの中の水

コップ1杯の水
ここからは私が白湯を飲むとき、いっそう美味しく感じる飲み方をお伝えします。

今あなたのカップに入っている白湯やお水は、地球上の全部の水の中の、偶然ここまで来てくれた1杯です。

水は(理科で習った方が多いかと思いますが、)海から蒸発した水蒸気が雲になって、雨となって地上に降り、地面を流れて地中にしみ込み、地下水となります。

地下水はとてもゆっくり流れるので長い時間をかけて地下を通り、地上に湧いて川となり、浄水場や採水場で飲用水となって、水道やペットボトルなどで、いま、あなたの元までやってきました。

とても長い時間、遠い距離を通り、このコップまでたどり着いたんですね。

そう思うと「よくぞ、ここまで来てくれた!」と思えませんか?

そして今から、あなたの身体に入り、細胞をひとつひとつ潤してくれるのです。

だから、どうぞ、「ありがとう」と感謝して飲んでみてください。

いっそう美味しく感じますよ。

感謝すると変わる水の波動

水
水や白湯を飲む時に感謝すると良いことが、もう一つあります。

それは感謝することで水の波動が変わること。波動はエネルギーとも言いかえられます。

水が凍る瞬間の結晶の写真を撮ると、感謝の言葉を見せた水の結晶は他の言葉を見せた水よりも最も美しい形になるのです。

感謝が最高のエネルギーを持っているということだそうです。

水にかけた感謝の言葉が水の波動、つまりエネルギーを高め、良くするのなら、その水をいただいて身体に取り込めるのはなおのこと幸せなことだと思います。

白湯や水を飲む時に、ありがとうという気持ちで飲むと、白湯の持つ浄化の力がいっそう高まるのではないでしょうか。

だから、水や白湯を飲むときには、次のように感謝して飲んでいます。

私のところに来てくれてありがとう

私の体を潤してくれてありがとう

水の結晶が人間の与える言葉で変わる様子を世界中に紹介している本はこちらです。

朝イチの白湯に感謝して1日を始める方法のまとめ

白湯
アーユルヴェーダで勧められている、朝一番に白湯を飲むことの効果は、身体を内臓から温めることで、消化、代謝、免疫力、血流、心の活力をアップさせることができることでした。

【白湯を飲む効果】
消化力が高まる

代謝が上がる

免疫力が上がる

血流がよくなる

心の活力が戻る

また、私は、それを飲む時に感謝して飲むことでより白湯のパワーをアップさせることができると考えています。

身体をうるおし整えてくれる、白湯を朝一番に飲む習慣を試してみてはいかがでしょうか。



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
↑ブログランキングに参加中です
 応援してくださると嬉しいです
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。