IT・資格・スキル

XサーバーにTeraTermで接続してLinux環境を使う方法

パソコンとコーヒー
自動的にウェブ上のデータを集めたり、必要な情報だけを振り分けたりしたいのだけど、良い方法はないかな?
WordPressでブログを運営する場合、Xserverなどのレンタルサーバーを契約して使いますよね。

Linuxサーバー上でプログラムを実行したいときは、UNIXサーバーにSSH接続してPCから直接サーバを操作することができるので、その方法をご紹介しますね。

まずはじめに、「SSH接続」とはなにかを簡単にご説明します。

SSH(Secure Shell)とは、ネットワークを介してサーバにログインし、ログインしたサーバでコマンドを実行して直接サーバを操作できる手段のひとつです。

SSH接続を使うと、PCからレンタルしているXサーバーなどのLinuxサーバに接続して、つぎのようなことができます。

ファイルの編集
プログラムの作成
コマンドの実行
データベース操作

Xserver側でSSH接続を許可するための事前準備をする

コードを書く
まずは、Xserver上で、PCからのSSH接続を許可するための設定をします。

ここでは流れを説明していきます。

詳細はこちらのXサーバのページを参照してください。
Xserverの解説ページ「SSH設定」へ

SSH接続を有効化する

Xサーバーパネルにログインし、SSH設定を有効化します。

公開鍵認証用鍵を生成、登録する

次に、公開鍵認証用鍵ペアを生成し登録します。

パスフレーズを入力、生成します。

自動的にダウンロードされる秘密鍵ファイルをPC上の任意の場所に保存します。

PCで使うSSHソフトTeraTermのインストールをする

コードの画面
最も一般的なターミナルエミュレータソフトTeraTermをインストールします。

TeraTermをダウンロードしてインストール

Windowsオンラインソフトの定番サイト「窓の杜」から、TeraTermをPCにダウンロードします。

「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター – 窓の杜

このWebサイトから、Tera Termをダウンロードしますると、次のようなインストーラーがダウンロードできます。

teraterm-installer

このアイコンをダブルクリックして、インストーラーを実行し、TeraTermをPCにインストールします。

SSHソフトのTeraTermが準備できたら、次はサーバーに接続するための認証設定です。

TeraTermでXserverに接続するため認証設定をする

パソコンとコーヒー

次は、SSHソフト(TeraTerm) での認証設定をします。

⇒ Xserverの解説ページ「SSHソフトの設定(Tera Term)」へ

まずSSHアカウント情報を確認します

Xserverをレンタルする時に指定された、自分のXserverのサーバー名、ログイン名を確認します。

SSHアカウント情報

サーバー(ホスト名):Xserverのサーバー名
ユーザー名    :Xserverのログイン名
認証方式     :Xserverでは公開鍵認証のみ
⇒パスワード認証はできない
接続ポート    :10022 
⇒通常は22だがXserverでは10022に固定

  

TeraTermのSSHアカウント情報を確認します

まずTeraTermを起動して、ホスト名に前項で確認した:Xserverのサーバー名を入力して、OKボタンをクリック。
TeraTerm01

ポップアップが閉じるので、設定メニューを選択。
Teraterm02

メニューから「SSH認証…」を選択。
Teraterm03

SSH認証設定画面で、ユーザ名は「デフォルトユーザ名」を使用を選択。
Xserverのログイン名を入力。
認証方式は、公開秘密鍵での認証に成るので、「RSA/DSA/EXDSA/ED25519鍵を使う」を選択して、OKボタンをクリック。

「ファイル」メニューの「新しい接続…」をクリック。

「TCPポート」に10022を入力して、OKをボタンをクリック。

パスフレーズを入力して、OKボタンをクリック。

サーバに接続し、使用できるようになります。

XサーバーにTeraTermで接続してLinux環境を使う方法のまとめ

PCからSSHソフトのTeraTermを使用してXサーバーに接続する方法をご紹介しました。

SSH接続でPCからXserverを使う

Xserver側でのSSH許可設定
Xserver側での公開鍵生成
PC側でのSSHソフトのTeraTermインストール
PC側でのTeraTermの認証情報登録
(サーバー情報、ポート番号、秘密鍵)

最初の設定は少し大変ですが、あとあと処理を自動化するための下準備です。

頑張りましょう!

この後は、TwitterAPIを使ってデータ収集を自動処理をするpythonでのプログラミングなどについて、ご紹介予定です。







↑ブログランキングに参加中です
 応援していただけたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。