ブログ運営

【PHP学習】ローカル開発環境用のWordPressインストール

WordPressブログ運営のため、独自のプラグインを作成したくなり、PHPの勉強を始めることにしました。

その学習過程を記録する第2弾は、PCに検証用ローカル開発環境を作成!

いよいよWordPressをインストール.その手順です。

WordPressでPHPを使って新しいプラグインの開発を進めるための検証環境として、PC上にローカル(ネットワークの外からは見えない)WordPress環境を構築していきます。

前記事のXAMPP(ザンプ)をインストールの次は、この記事でWordPressのインストール手順を覚え書きとしてまとめています。

WordPressのインストール手順

WordPress日本語版をダウンロード

ローカル開発環境にWordPressをインストールするにはまず、WordPressをWORDPRESS.ORGからダウンロードします。

幸いなことに日本語の公式ローカルサイトがあるので、とても簡単にダウンロードできます。

WordPress日本語版ダウンロードはWORDPRESS日本語公式ローカルサイトへ

WordPressを入手WordPress日本語版をダウンロードして入手

公式サイトの「ダウンロードしてインストール」のリンクをクリックして、最新のWordPressをダウンロードします。

最新のWordPressをダウンロード最新のWordPressをダウンロード

WordPress日本語版ファイルを配備

ダウンロードフォルダにアイコンができるので、マウスの右ボタンメニューの「すべて展開」を選択し、Zipファイルを解凍します。

圧縮ファイルを解凍する圧縮ファイルを解凍する

wordpressフォルダの下に、ファイル一式が解凍されます。

WordPressのファイル一式WordPressのファイル一式
【PHP学習】ローカルWordPress環境構築前にXAMPPのインストールWordPressブログ運営するうちに自分でプラグインをつくりたくなったので、PHPの学習を始めることに。その学習や準備の手順をブログでも記録していきます。まずはじめに、ローカル環境にWordPressを構築してPHPのプログラミング環境を用意するために便利なXAMPP(ザンプ)というツールをインストールしました。...

上記の前記事のとおりインストールしたXAMPPのインストール先の所定のフォルダに、WordPressファイルの一式をフォルダごと移動します。

XAMPPのインストール先XAMPPのインストール先

 C:\xampp\htdocs フォルダにwordpressを移動します。

C:\xampp\htdocsにwordpressフォルダを移動C:\xampp\htdocsにwordpressフォルダをまるごと移動

WordPress配備先をWebサーバーの設定ファイルに追記

WEBサーバー(Apache)の設定ファイルに、WordPressの配備先のフォルダ名を記述します。

XAMPPのコントロールパネルを開き、Apacheの「config」ボタンをクリックし、Apacheの設定ファイル(httpd.conf)をメニューで選択します。

XAMPPのコントロールパネルXAMPPのコントロールパネルのApache「Config」からhttpd.confメニューを選択

Apacheの設定ファイル(httpd.conf)がエディタ(この場合はメモ帳)で開きます。

このhttpd.confのファイルの末尾に、次の記述を追記します。

赤の下線の部分は、WordPressの配備先フォルダのパスを記述します。

httpd.confの末尾に記述を追加httpd.confの末尾に記述を追加

記述する内容は以下のとおりです。

# wordpress
Listen 50000

ServerName localhost:50000
DocumentRoot “C:\xampp\htdocs\wordpress”

Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
AllowOverride All
Require all granted

記入が終わったら、書き込んだ設定を反映させるため、XAMPPのコントロールパネルからApacheを起動しなおします。

WordPressへのアクセス確認

Webサーバー(Apache)への設定と再起動後、ローカルのWordPressにアクセスできるか確認します。

ブラウザにローカルPCの次のURLを記入します。

http://localhost:50000/

下の画面が出て、WordPressにアクセスできていることが確認できたら、データベースの作成に進みます。

ローカルPCのXAMPPのWordPressインストール画面ローカルPCのXAMPPのWordPressインストール画面

WordPress用データベースの作成

WordPressでは、MySQL というデータベースを使用します。

XAMPPであらかじめインストールしてあるMySQLを使ってデータベースを作成します。

XAMPPのコントロールパネルを開き、ApatchとMySQLを起動しておきます。

MySQLの「Admin」ボタンをクリックします。

MySQLのAdminボタンMySQLのAdminボタンをクリック

MySQLを簡単に操作することができる phpMyAdmin というツールの画面が開きます。

phpMySQLのトップ画面phpMySQLのトップ画面が開く

左のメニューから「新規作成」を選択すると、データベースを作成する画面が表示されます。

データベースを作成するには、まず任意のデータベース名を入力します。

その隣の入力欄は、照合順序というものを指定する欄です。
ここでは「utf8mb4_general_ci」を指定し「作成」ボタンをクリックします。

データベース名と照合順序を指定して作成するデータベース名と照合順序を指定して作成する

照合順序とは

文字コードを並べ替えるときに、Aとaを同一と判定するか、aがAより小さい文字コードと判定するか、「は」「ば」「ぱ」などの濁点の有無を同じ文字と判定するか別の文字とみなすか、などを決めるものです。

上の例で指定した「utf8mb4_general_ci」という照合順序の種類は、それぞれ次の意味があります。

 utf8  :utf8の文字コード順とする
 mb4   :絵文字などが扱える文字コードも含む
 general :半角や全角、濁点を区別する
 ci   :英大文字と英小文字を区別しない

扱う文字の種類や目的によって照合順序の種類を選択します。

参考URL:
【MySQL】照合順序とは? 最終閲覧日:2021/10/31
MySQLの文字コードとCollation 最終閲覧日:2021/10/31

左のデータベースの一覧の中に作成したデータベースの名前が追加されます。

ここでは、「database01」という名前にしたのでそれが追加されています。

データベースの一覧に作成したデータベースが追加されているデータベースの一覧に作成したデータベースが追加されている

作成したデータベースの以下の情報を使って、WordPressのインストールを続けるため、データベースの情報を控えておきます。

データベース名 databese01
ユーザー名 root(全権限をもつ特別なアカウント)
パスワード ※未設定
ホスト名 localhost(自分の使っているコンピュータ)

WordPressのインストール作業に戻る

再び、WordPressのインストール画面に戻るため、ブラウザにローカルPCの次のURLを記入します。

http://localhost:50000/

WordPressのインストール画面の下部の「さあ、始めましょう」ボタンをクリックします。

WordPressのインストール再開WordPressのインストールを再開します

WordPressのローカル環境の情報を入力

WordPressのローカル環境に必要な情報を入力する画面が表示されます。

ここで、構築するローカル環境の情報を入力します。
後で変更ができる項目のため、入力した情報を控えておけば仮決めした情報で大丈夫です。

WordPressのローカル環境の情報を入力WordPressのローカル環境の情報を入力します

WordPressのインストール完了

これでWordPressのローカル環境がインストールできました。

ログインボタンをクリックして、ローカルのWordPressにログインしてみます。

WordPressのインストール完了、ログインするWordPressのインストール完了、ログインします

先ほど控えておいたユーザー名とパスワードを入力してログインします。

WordPressにログインWordPressにログインします

WordPressのダッシュボード(管理画面)の表示

ログインするとWordPressのダッシュボード(管理画面)が表示されました。

このローカル環境を使えば、本番環境に影響なく、テーマやプラグイン、設定を試すことができます。

ローカル環境のWordPressダッシュボードローカル環境のWordPressダッシュボードが表示されました

WordPressのインストール手順のまとめ

ブログを開始したときには、WordPressはホスティングプロバイダーであるXserverのサイトから入手しました。

そのため、このように手順を追ってインストールはしませんでした。

今回はローカル環境を構築するため、WordPressの公式サイトから必要な資材をダウンロードしインストールしてきました。

この記事で行ったWordPressインストールについては、以下の記事を参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

今回の作業で参考にさせていただいたサイトはこちらです。

みやしもブログ さんの

WordPressのローカル開発環境を作る方法【XAMPP】

前の記事はこちら。

【PHP学習】ローカルWordPress環境構築前にXAMPPのインストールWordPressブログ運営するうちに自分でプラグインをつくりたくなったので、PHPの学習を始めることに。その学習や準備の手順をブログでも記録していきます。まずはじめに、ローカル環境にWordPressを構築してPHPのプログラミング環境を用意するために便利なXAMPP(ザンプ)というツールをインストールしました。...


↑ブログランキングに参加中です
 応援していただけたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。