本紹介

「世界史とつなげて学べ超日本史」は大人の必修科目!読む派聴く派?

世界史とつなげて学べ超日本史

世界史と日本史
2022年度から高等学校では、日本史と世界史が合わさった「歴史総合」という必修科目が生まれます。

ひと足お先に世界史とつなげて日本史を学んでみると、これが本当に面白い!

歴史好きにはたまらない、とてもダイナミックな日本史に出会える本「世界史とつなげて学べ!超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史」に出会ったので、この本を読む方法3つをご紹介します。

これは、日本史専攻の大人気予備校世界史教師という珍しい経歴をお持ちの茂木誠さんが書かれた、目から鱗の歴史の本です。

例えば

戦国時代、日本から輸出された大量の「武器と傭兵」が東南アジア史を動かしていた!

平清盛は超グローバリストだった!

コロボックルって伝説ではなくて本当にいた民族だった!?

「日本制服を不可能」と結論づけたスペイン

などなど。

日本と周辺諸国、アジアはもちろん果てはヨーロッパまで、歴史はつながって動いていたのだということがよくわかります。

「世界史とつなげて学べ超日本史」はこんな方におすすめしたい!

この本を読んで(私はオーディオブックで聴いたのですが)、こういうみなさんにオススメしたくなりました。

受験生におすすめ!

これから本気で学ぶぞ!という学生の方に!一度この本を聴いておけば、ポイントポイントに興味がわいてのちに学ぶことが記憶に残りやすそうだからです。

歴史好きな方におすすめ!

歴女や歴史好きなみなさんにはもちろんおすすめしたいです。

歴史に詳しい方なら今までと違った新しい視点が持てます。既存の歴史概念に問題提起となりそうな観点もたくさん盛り込まれているので、歴史に詳しい!と自負される方には、より一層楽しめる、最新研究を踏まえた挑戦的な本です。

歴史が苦手な方におすすめ!

日本史を中学、高校と一度もきちんと学んだことがない人に!(私もです)。

室町時代や戦国時代、日本史の中世あたりはごちゃごちゃ!よくわからないまま大人になってしまったという人には、一度聴いておくだけでこれからの人生にきっと役立つと思います。教養としても楽しんで学べる本!

「世界史とつなげて学べ超日本史」はどこで読める?

KADOKAWAから2018年に、紙媒体と電子書籍で出版されたこの本は、2020年4月からAmazonオーディブルからオーディオブックとしても提供されています。

Amazon audibleのオーディオブックの無料体験で!

一番おすすめなのはAmazonのオーディオブック。

Audible(オーディブル)の無料体験30日間では「世界史とつなげて学べ超日本史」の全編9時間14分を聴くことができます。

オーディオブックは今とても注目されている、読書が困難な方にはもちろん、識字が可能な人たちにも耳で聴く読書が楽しめるサービス。
⇒ Amazonオーディブル無料体験で「世界史とつなげて学べ超日本史」を聴いてみる
(サンプル視聴もあります)

オーディオブックでは、好きな速さで、好きな時、運転中や電車の中、寝る前のベッドの中など、いつでも楽しむことができるので、おすすめは通勤や家事をしながらなどの、ながら読書(聴く書)です。

オーディオブックには次のようなメリットがあります。

オーディオブックのメリット

・本を持つ手があく
・本を見る目があく
・朗読は聴いていると癒される
・再生速度を思いのまま
・ブックマークでスキマ時間に聴ける
・運転中でも聴ける
・満員電車でも聴ける
・寝落ち用のタイマーで聴ける

※無料体験は30日以内に解約すれば費用はかかりません。
解約等の詳しい方法はこちらの記事でもご紹介しています。
⇒ Amazonオーディブル無料体験で池井戸潤の『陸王』を聴く幸せ!

電子書籍派ならAmazon Kindleで!

電子書籍を利用する方にはKindle版がリリースされています。
スマホでもPCでもタブレットでも、キンドル端末でも読むことができます。

Kindle版でもサンプルで二章の途中までは読むことができます。

電子書籍のサンプルで読める範囲

はじめに
もくじ
第一章そもそも日本人はどこから来たのか?
第二章神話と遺跡が語る日本国家の成り立ち
       (途中まで)

⇒ Kindle版でサンプルを読んでみる

Amazon Kindleでも初回は30日間無料体験で全編を読むことができます

従来どおりの本好きには紙媒体も!

やっぱり本は紙でページをめくるのが好き!という方はこちらから。


「世界史とつなげて学べ超日本史」の目次を紹介

書誌や書影の使用を許可されている版元ドットコムの書誌情報から目次を紹介します。

目次
第1章 そもそも日本人はどこから来たのか?
第2章 神話と遺跡が語る日本国家の成り立ち
第3章 巨大古墳の時代と「東アジア版民族大移動」
第4章 白村江の敗戦から「日本国」の独立へ
第5章 大唐帝国から見た「東方の大国」日本
第6章 動乱の中国から離れて国風文化が開花した
第7章 日本史を東アジア史から分かつ「武士の登場」
第8章 シーパワー平氏政権 vs ランドパワー鎌倉幕府
第9章 国際商業資本が支えた室町グローバリスト政権
第10章 ポルトガル産の硝石を求めた戦国大名たち
第11章 豊臣秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵
第12章  「鎖国」を成立させた幕府の圧倒的な軍事力
終章 徳川の平和、そして明治維新を可能にしたもの

個人的には、Y染色体とミトコンドリアのDNAから日本人のルーツをたどる形質人類学の研究について、以前にも何冊か読んだことがあり、第一章から釘付けで興味深く読み始め(聴き初め)ました。

日本の歴史だけだと無味乾燥で、年表を丸暗記のようになってしまいますが、周辺諸国や東南アジア、ヨーロッパの歴史との関連があったことを知って繋げて学ぶと本当に日本史は面白い!

そう気づかせてくれた本です。

どうぞ一度手に取って見てみて(または聴いて)くださいね。

おすすめです。

オーディブルレビュー
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。